日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 唐田えりか、不倫で逆にチャンス!?
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

不倫報道は逆にチャンス!? 唐田えりか、女優としてのホントの実力

文=成馬零一(なりま・れいいち)

東出昌大の棒演技と唐田えりかの”薄味感”が絶妙マッチ!

 2人はプライベートでも台本の読み合わせをしていたと伝えられているが、唐田にとって東出は恋人であると同時に、師匠のような存在だったのではないかと思う。

 実際、過去作の何倍も演技が自然なものとなっており、ふつうの女の子が恋愛によって揺らぐ危うい瞬間を見事に演じていた。人によっては棒読みではないかと思うくらい力の抜けた演技だが、これは監督の演出はもちろんのこと、東出の演技に唐田が引っ張られた結果だろう。

 この力の抜けた芝居が唐田の薄味感とマッチした結果、どこにでもいるように見えるがめったに存在しない平凡な女性という、稀有なヒロインを演じることに成功したのだ。

 この2人に限らず、共演した役者同士が恋人関係に発展することはよくあり、ハマり役に出会うと、役者は演じた役に引っ張られがちだ。

 そもそも東出と杏が結婚したのも『ごちそうさん』で夫婦役を演じたからで、おそらく東出と唐田は、役に入り込みすぎて、そのまま抜けられなくなってしまったのだろう。善悪は別にして、役を演じるということは、それくらい危うい行為なのだ。

『寝ても覚めても』以降の唐田は女優として一皮むけ、出演作も急増していたが、今回の不倫騒動後、清純派路線を続けることは困難だろう。だが、ここで消えてしまうには惜しい逸材である。

 アイドルやタレントと違い、女優は必ずしも好感度が高い必要はないのだから、今のイメージを逆手に取ればいい。演技や表現に対し、かなり貪欲な女優だろうから、清純派路線に縛られて演技の幅が狭まる前に、路線変更できてよかったと思うくらいでいいのではないかと思う。清純派を装って男を奪うビッチ・ヒロインとしてぜひ復活してほしい。

成馬零一(なりま・れいいち)

成馬零一(なりま・れいいち)

1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。ドラマ評を中心に雑誌、ウェブ等で幅広く執筆。

サイト:記事一覧

Twitter:@nariyamada

最終更新:2020/01/30 11:41
12

不倫報道は逆にチャンス!? 唐田えりか、女優としてのホントの実力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真