日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 「エイベックスの小室」ブレイク

TKはもう過去の人!?「エイベックスの小室」として期待の“テラハ美女”がブレイク間近か

文=日刊サイゾー

小室安未

 “エイベックスの小室”といえば、多くの人たちは同社とタッグを組み、90年代に数々のミリオンセラーやヒット曲を世に放った音楽プロデューサーの小室哲哉を想像することだろう。だが、最近はちょっと事情が異なるようだ。スポーツ紙の芸能担当記者はこう語る。

「我々、エイベックスさんと付き合いのあるスポーツ紙の記者やテレビ番組のスタッフの間では、今や“エイベックスの小室”といえば“TK”こと小室哲哉さんではなく、小室安未さんです。TKはむしろ、エイベックス内ではタブー視される存在。安未さんは、今年さらなるブレイクは必至でしょう」

 小室安未(こむろあみ)は、2018年にフジテレビ系で放送された『テラスハウス』(配信はNetflix、FOD)の軽井沢を舞台にしたシーズン『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』に女子大生として出演。

 キュートなルックスと毒舌のギャップで注目を集め、同年8月に放送された『ほんとにあった怖い話 -夏の特別編2018-』(同)で女優デビューを果たしたほか、昨夏からは人気ファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルを務めるなど 一気に活躍の場を広げている。

 今月にはエイベックス・マネジメントが主催する「新春 晴れ着撮影会」に女優・飯豊まりえや元欅坂46の今泉佑唯、元Dream5の大原優乃、元SUPER☆GiRLSの浅川梨奈らとともに参加した。

12

TKはもう過去の人!?「エイベックスの小室」として期待の“テラハ美女”がブレイク間近かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

青木真也×cherry chill will

 去る10月13日(日)、両国国技館にて開催された格闘技の祭典『ONE: CENTU...
写真