日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレ東『旅バラ』がしれっと復活

蛭子能収の合流も時間の問題!? 終わったはずのテレ東『旅バラ』企画がしれっと復活

文=田中七男

太川陽介と蛭子能収

 テレビ東京が29日、『水バラ』の番組名で、「ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第2弾をオンエアした。これに大いなる違和感を覚えた視聴者は多いことだろう。

 そもそも、同企画は昨年12月25日で“最終回”となった『太川蛭子の旅バラ』で同11月13日に放送したものだからだ。この企画は、同じ目的地に向けて、鉄道チームとバスチームにわかれ、どちらが先に到着するかを競う内容だ。29日の第2弾では、太川陽介、土屋アンナ、内山信二がバスチーム、村井美樹、馬場ももこ、じゅんいちダビッドソンが鉄道チームとして出演した。

 『旅バラ』は同4月から、木曜午後6時55分からの枠で、レギュラー番組としてスタート。同5月16日には、2017年1月2日放送分で終了した、太川と蛭子能収の名物コンビによる人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の企画を、若干のルール変更で復活させた。

 しかし、『旅バラ』の視聴率は思うように上がらず、5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を割る回もあった。同10月からは、水曜午後7時54分からの枠に移動したが、蛭子の「もう歩けない」との理由で、昨年12月で番組自体を終えていた。最終回はバス旅企画だったが、6.7%とイマイチだった。

 ところが、舌の根の乾かぬうちに、『水バラ』と名を変えて、しれっと『旅バラ』の企画が復活してしまったのだ。

12

蛭子能収の合流も時間の問題!? 終わったはずのテレ東『旅バラ』企画がしれっと復活のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真