日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ダイアン、ポスト千鳥は難しい?

ダイアン、『アメトーーク!』でキラーフレーズ誕生!? それでも“ポスト千鳥”としてのブレイクが難しいワケ

文=日刊サイゾー

ダイアン

 1月30日に放送されたテレビ朝日系『アメトーーク!』では、「今年が大事芸人2020」というテーマで、霜降り明星、EXIT、宮下草薙、三四郎、ダイアンが登場。バラエティー番組で活躍する芸人たちが、悩みや不満をぶちまける展開となった。

 この中で、霜降り明星、EXIT、宮下草薙は「お笑い第7世代」として、まさに引っ張りだこ状態。しかし、あまりに忙しすぎて、ストレスも溜まっているようで、EXITの兼近大樹などは、チャラ男のはずなのにどんどんネガティブな一面が出てきているという。

 さらに、宮下草薙の宮下も、コンビではなく草薙だけのテレビ出演が多い状態に悩み、こちらもどんどんネガティブな方向に進んでいるとのこと。“自分は必要ないのではないか”と悩んでいることを明かした。

「宮下のいい感じにこじらせ始めている様子がうまく番組内で発揮されていましたね。先輩である三四郎小宮に噛み付くシーンなどは、少々やりすぎな空気がありつつも、『アメトーーク!』らしい複雑な構造の笑いを生み出していた。周囲が上手く宮下のことを乗せて、“闇”の部分にスポットを当てることができれば、もっと面白くなりそうです」(構成作家)

 そんななか、番組内で少々異彩を放っていたのがダイアンだ。他の芸人たちが、バラエティーで上手くブレイクしている一方で、ダイアンはまだまだくすぶっている状態なのだ。

12

ダイアン、『アメトーーク!』でキラーフレーズ誕生!? それでも“ポスト千鳥”としてのブレイクが難しいワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真