日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 福士蒼汰、3作連続爆死でBS降格

もう地上波で主役は無理!? 福士蒼汰、主演ドラマ3作連続の大爆死でついに“BS降格”へ

文=田中七男

主演作が3作連続で爆死の福士蒼汰は完全に賞味期限切れか?

 16年4月期『お迎えデス。』(日本テレビ系)は7.9%と壮絶爆死。17年7月期『愛してたって、秘密はある。』(同)も8.9%とコケてしまった。満を持して、昨年10月期『4分間のマリーゴールド』(TBS系)で、2年ぶりに主演したが、これまた7.5%と大コケしている。

「テレビ業界では、主演ドラマが2作連続で振るわなかった役者は、“主役級”からランクダウンするのが常識となっています。福士の場合は2作どころか、3作続けてですから、完全に賞味期限切れ。当分民放地上波のプライム帯での主演オファーは期待できないでしょうね。その点、BSなら、視聴率がとやかく言われることもありませんし、福士にとってはいいオファーなのでは? ここでじっくり、福士は課題とされる演技力を磨いた方がいい」(スポーツ紙記者)

 BSに“降格”してしまう福士。実力をつけて、また地上波ドラマに戻ってきてほしいものだ。

最終更新:2020/02/01 12:00
12

もう地上波で主役は無理!? 福士蒼汰、主演ドラマ3作連続の大爆死でついに“BS降格”へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真