日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 桐谷健太、東出を殴ろうとした?

殴りかかろうと!? 桐谷健太、東出昌大の“謝罪”を受け入れず撮影現場が大荒れに

文=日刊サイゾー

桐谷健太

 ついに回ってきたチャンスにみそを付けられ、はらわたが煮えかえる思いだったようだ。

 1月30日、女優の唐田えりかとの不倫騒動の渦中にある東出昌大と桐谷健太がダブル主演するドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)の第3話が放送され、平均が10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

「第3話では、東出演じる検事が柳葉敏郎演じる上司から『そういう不徳を引き起こしたのは誰だ!』と叱責を受け、『僕はどこでミスったんだ……』と呟くシーンがあり、これが現実での東出と重なると、ネット上で大盛り上がりとなりました。同ドラマは初回12.0%と好発進するも、東出の不倫が発覚し第2話は9.7%と急下降。桐谷は1月29日のイベントで『(東出の不倫騒動で)嫌悪感を抱いちゃった方もいるかもしれないけど、本当に面白い作品が出来上がっていると思う』と視聴を呼びかけていましたが、ひとまず視聴率が2桁に復帰して胸を撫でおろしているでしょう」(テレビ誌ライター)

12

殴りかかろうと!? 桐谷健太、東出昌大の“謝罪”を受け入れず撮影現場が大荒れにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真