日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 桐谷健太、東出を殴ろうとした?

殴りかかろうと!? 桐谷健太、東出昌大の“謝罪”を受け入れず撮影現場が大荒れに

文=日刊サイゾー

桐谷健太

 ついに回ってきたチャンスにみそを付けられ、はらわたが煮えかえる思いだったようだ。

 1月30日、女優の唐田えりかとの不倫騒動の渦中にある東出昌大と桐谷健太がダブル主演するドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)の第3話が放送され、平均が10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

「第3話では、東出演じる検事が柳葉敏郎演じる上司から『そういう不徳を引き起こしたのは誰だ!』と叱責を受け、『僕はどこでミスったんだ……』と呟くシーンがあり、これが現実での東出と重なると、ネット上で大盛り上がりとなりました。同ドラマは初回12.0%と好発進するも、東出の不倫が発覚し第2話は9.7%と急下降。桐谷は1月29日のイベントで『(東出の不倫騒動で)嫌悪感を抱いちゃった方もいるかもしれないけど、本当に面白い作品が出来上がっていると思う』と視聴を呼びかけていましたが、ひとまず視聴率が2桁に復帰して胸を撫でおろしているでしょう」(テレビ誌ライター)

12

殴りかかろうと!? 桐谷健太、東出昌大の“謝罪”を受け入れず撮影現場が大荒れにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真