日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 桐谷健太、東出を殴ろうとした?

殴りかかろうと!? 桐谷健太、東出昌大の“謝罪”を受け入れず撮影現場が大荒れに

文=日刊サイゾー

言い訳や自己弁護ばかりの東出昌大に桐谷健太がブチ切れた?

 そんな桐谷は、東出の不倫騒動を知り、撮影現場では怒髪天となっていたという。業界関係者が耳打ちする。

「名バイプレーヤーとして評価の高い桐谷ですが、今作は民放連ドラ初主演。ここで結果を残せば、『主演俳優』にステップアップできるチャンスだった。東出は不倫報道後の現場で、関係者に謝罪したと言われていますが、桐谷は『ふざけんな!』とブチギレて受け入れず、スタッフが止めらなかったら殴りかからんばかりの勢いだったそうです。東出の方も言い訳や自己弁護ばかりが目についたため、それもよけいに桐谷の怒りの燃料となったようですね」

 水と油のように個性が異なるケイジとケンジを演じる2人だが、ドラマでの共演はこれが最後となりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/02 21:48
12

殴りかかろうと!? 桐谷健太、東出昌大の“謝罪”を受け入れず撮影現場が大荒れにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真