日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > みのもんた、新たな金脈を掴んだ

高齢者ビジネスに照準!? みのもんた、“テレビから勇退”も新たな金脈を掴んだか

文=日刊サイゾー

みのもんた

 タレントのみのもんたが『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)を今春、勇退することが先日、発表された。一時は10本以上のレギュラー番組を抱え、1週間で最も生放送でMCを務める司会者としてギネス認定された男は今後、どうするのか。

 在京テレビ局関係者は「視聴率としてはそれほど悪くないが、番組が10年を超えてテコ入れを図ったということ。フォーマットもある程度決まっているので正直、MCは誰がやっても一緒。今なら、最高齢者のみのさんも“降板”ではなく、気持ちよく卒業させられると踏んだんでしょう」と語る。

 これでみののレギュラー番組は無くなり、今後は家業である水道メーターを扱う会社の仕事に専念するものと思われる。これに「特需」を期待するのは、講演会関係に強いキャスティング会社のスタッフだ。

12

高齢者ビジネスに照準!? みのもんた、“テレビから勇退”も新たな金脈を掴んだかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真