日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > みのもんた、新たな金脈を掴んだ

高齢者ビジネスに照準!? みのもんた、“テレビから勇退”も新たな金脈を掴んだか

文=日刊サイゾー

みのもんた

 タレントのみのもんたが『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)を今春、勇退することが先日、発表された。一時は10本以上のレギュラー番組を抱え、1週間で最も生放送でMCを務める司会者としてギネス認定された男は今後、どうするのか。

 在京テレビ局関係者は「視聴率としてはそれほど悪くないが、番組が10年を超えてテコ入れを図ったということ。フォーマットもある程度決まっているので正直、MCは誰がやっても一緒。今なら、最高齢者のみのさんも“降板”ではなく、気持ちよく卒業させられると踏んだんでしょう」と語る。

 これでみののレギュラー番組は無くなり、今後は家業である水道メーターを扱う会社の仕事に専念するものと思われる。これに「特需」を期待するのは、講演会関係に強いキャスティング会社のスタッフだ。

12

高齢者ビジネスに照準!? みのもんた、“テレビから勇退”も新たな金脈を掴んだかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真