日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > みのもんた、事実上の引退へ

みのもんたに引導! 最後のレギュラー『ケンミンSHOW』降板で事実上の引退へ

文=田中七男

みのもんた

 かつては名司会者として活躍した、みのもんたにいよいよ引導が渡されるときが来たようだ。みのが現在唯一のレギュラー番組となっている『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系、読売テレビ制作)を3月いっぱいで降板することが明らかになった。

 みのは同番組が放送開始した、2007年10月から12年半に渡って、MCを務めてきたが、4月から『秘密のケンミンSHOW 極』にリニューアルされることに伴い番組から去る。後任は爆笑問題・田中裕二で、みのとコンビを組んできた久本雅美は続投する。

「番組を制作する読売テレビは、みののプライドを考えて、“勇退”という言葉を使っていますが、話し合った上、みのに降板を勧告し、本人に同意してもらったということでしょう。実際のところ、番組を仕切っているのは久本で、みのは横で立っているだけ。あとは出されたものを食べているだけで、とても司会者としての仕事を果たしていたとは思えません。常時、視聴率10%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を超える人気番組ですから、特に“リニューアル”する必要はないのですが、みのが身を引きやすい形を取りました」(テレビ関係者)

 みのは日テレ系の情報番組『午後は○○おもいッきりテレビ』(1987年10月~2007年9月)、後継の『おもいッきりイイ!!テレビ』(同10月~09年3月)の司会を務めていた当時が全盛期で、その頃は数多くのレギュラーをもっていた。

12

みのもんたに引導! 最後のレギュラー『ケンミンSHOW』降板で事実上の引退へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

AI投資はまだまだ危ない!

 以前から、国は銀行預金より投資を勧めていま...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真