日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 藤田ニコルに足りないもの

若者にしか人気ない!? 藤田ニコル、タレントとして一皮むけるために足りないもの

文=日刊サイゾー

藤田ニコル

 モデル出身ながら、バラエティータレントとしても活躍する藤田ニコル。お茶の間への浸透も年々進んでいる印象だ。

「人気タレントのバロメーターでもあるCM出演も、昨年から賃貸業の『アットホーム』のイメージキャラクターに起用されるなど、着実にキャリアを重ねている。所属事務所もそれほど高い金額でのオファーは望んでおらず、これからも地道に売っていくようです」(スポーツ紙記者)

 今後の活躍も期待したいところだが、複数の芸能関係者から指摘されるのは「人気が若い世代に偏っている」という部分だ。

「藤田の場合、テレビ、CM、モデル以外の収入源でいえば、PRイベントのゲスト出演が多い。ここでどう対応するかで今後が大きく変わるでしょう。PRしたい商品に時事ネタを絡めるのはもちろんですが、一番差が出るのは、自分ではなく共演者に話題が振られた時の振る舞い。イベントに協賛する広告スポンサーはそういった部分を非常に気にしています。どうしても若いタレントは『自分は関係ない』『なぜ、自分に話題を振ってもらえないのか』とモヤモヤして顔や態度に出がちだが、その局面をうまく活用できるかが決め手。藤田と同世代のモデル出身タレントは、いずれもそういった能力が乏しく、今ひとつ伸び悩んでいると見られていますから」(広告代理店関係者)

 藤田が幅広い世代に支持されるタレントになれるかどうか。タレントとして大事な時期に入っているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/04 13:11
関連キーワード

若者にしか人気ない!? 藤田ニコル、タレントとして一皮むけるために足りないもののページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真