日刊サイゾー トップ > 芸能  > 氷川きよし「ボヘプ」カバーが圧巻

氷川きよし「ボヘミアン・ラプソディ」カバーがド迫力!

文=日刊サイゾー

 このところ何かと話題を集める歌手の氷川きよしが、4日放送の『うたコン』(NHK)で、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の日本語カバーをテレビ初歌唱した。

 この曲は、作詞家の湯川れい子氏が日本語詞を担当。昨年末、氷川のコンサートで披露したところ大きな反響を呼んだことから、今回の出演が決まったよう。青を基調とした華やかな衣装に身を包んだ氷川は、「みなさんにこの歌を日本語でどうしても届けたくて歌います」と真剣な面持ちで宣言。情感たっぷりに歌い上げた。

 ハード・ロック、オペラ、情熱的なバラードの要素が融合され、常識破りの6分という長さに、当初、レコード会社の上層部から「売れない」と言われるも、結果的にクイーンの代表曲となったのは有名な話だが、特にオペラパートの氷川はコミカルかつ鬼気迫る迫力で、全編を通して人生の喜怒哀楽を見事に表現。演歌、歌謡曲、ロック、アニソンとジャンルを超えて歌い継いできた氷川ならではの圧巻のステージだった。

 あまりに魂のこもった歌唱だっただけに、SNS上では「怖すぎる」「やっぱり日本語訳に違和感がある」といった声も見受けられるが、「氷川きよしにしか歌えない」「日本語版『ボヘミアン・ラプソディ』圧巻。傑作!」「やっと見られた!」といった好意的な視聴者が多かったようだ。

 クイーンといえば昨年、フレディ・マーキュリーの自伝映画『ボヘミアン・ラプソディ』が世界的に大ヒット。氷川も本作に心酔し、クイーンのメンバーとも親交がある湯川氏を通じて、直々に「『ボヘミアン・ラプソディ』を日本語で歌いたい」と申し出。クイーン側に認められ、初の公式日本語バージョンとなったという。

 2日にデビュー満20年を迎え、4日に発売した新曲「母」も好調な滑り出しを見せている氷川。これまではどちらかというと中高年の女性ファンが多かったが、昨年は始球式でショートパンツ姿を見せたり、テレビ番組でオネエ言葉を使ったり、インスタグラムでウエディングドレス風衣装を公開するなど、中性化。これが若い女性の間でも支持され、女優の仲里依紗も『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)で「きい様」愛を語り、話題になったばかり。

 無敵となった氷川の今後の快進撃に注目だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/05 15:24

氷川きよし「ボヘミアン・ラプソディ」日本語カバーがド迫力! 仲里依紗もファン公言で無双状態に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真