日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 氷川きよしはどう解き放たれた?
J-POP深読みコラム

“演歌界のプリンス”氷川きよしは、いかにして「解き放たれた」のか?

氷川きよし

 もう18年以上も前のこと。氷川きよしに会って、インタビューをした。雑誌で演歌の特集を企画するにあたり、この頃の演歌シーンのまさに旗手であった氷川にどうしても話を聞きたくて、取材の機会を設けてもらったのだ。そしてその席に来てくれたのは、とても物腰の柔らかな、優しそうな雰囲気の若者だった。

「<口には出さないけど、実はみんな、演歌も好きなんじゃないかな?>って。そう思ってました」

 穏やかな口調で語る氷川。彼自身は学生の頃からポップスやロックが好きで、もちろんそれは周りの友達も同様だった。ただ、実はみんな演歌も好きでは……という思いは、ずっとあったのだという。

 とはいえ、この言葉にしてもそうだが、意外な話はさほどなかった。それとともに、氷川の人柄にも発言にも、アクのような強さとか押しつけがましいところが一切ないことが印象に残った。

 そういえば取材に入る前、氷川が所属する日本コロムビア(赤坂にあった古いビルの頃だ)のロビーには歌謡曲ファンか何かの集まりがあったのか、彼と顔見知りと思われるおばさま方が数人来ていた。その人たちと、ひとりずつ、ていねいに握手する姿も、イメージ通りだった。

 あれからそれなりの時間が流れた今、思う。当時の氷川きよしは、解き放たれてなかったってことなのか、と。

 氷川きよしが大変なことになっている! そんな騒ぎが起こっていることをはっきりと認識したのは、今年の初夏に公開されたこの動画が元だった。

 昨年のコンサートの映像だが、なにしろメイクによって妖艶さが異様なまでに浮き彫りになっている。そしてせり上がるゴンドラの上で風を浴びながらシャウトする姿はまるでT.M.Revolutionだ。いや、当のレボレボにしたって、ここまでメイクは濃くない。とにかく何かが振り切れたのが伝わってくる。

 近頃はタマホームのCMでも氷川がバンドと共に華麗にパフォーマンスする姿がOAされている。最初、家でTVを観てて、“ん? このヴィジュアル系っぽいシンガー誰?”と思ったら氷川で、ビックリしたものだ。

 それでは、現在42歳の氷川がここに来るまでを振り返ってみよう。

123456

“演歌界のプリンス”氷川きよしは、いかにして「解き放たれた」のか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真