日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 東出不倫報道に杏が沈黙の理由

ここまで叩かれるとは!? 東出昌大の不倫報道から時間が経っても杏サイドが沈黙を貫く理由

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

東出昌大

 1月23日発売の「週刊文春」(文藝春秋)において、女優の唐田えりかとの不倫が原因で、妻で女優の杏と別居していることを報じられた俳優の東出昌大。

 報道後、東出と唐田の所属事務所はそれぞれ見解を発表したが、互いに“無傷”では済まされなかった。

「東出は出演している4社のCMを降板させられ、違約金や損害賠償を請求されることになりそうです。唐田はレギュラー出演していたTBS系ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』への出演を自粛。さらに、出演を予定していたテレビ東京系のドラマ『100文字アイデアをドラマにした!』の2話分がほかの番組に差し替え。お蔵入りになったことで、制作費などが事務所に請求されることになりそうです」(テレビ局関係者)

 一方、杏の事務所は 文春の取材に対して、「別居に関しては事実ですが、夫婦間のことはプライベートな問題ですので事務所としてはお答えする立場にございません」とコメントしたのみ。以後、沈黙を貫いている。

12

ここまで叩かれるとは!? 東出昌大の不倫報道から時間が経っても杏サイドが沈黙を貫く理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真