日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 東出昌大、嫌悪された最低の口癖

自慰行為とは無縁!? 東出昌大、業界関係者が嫌悪していた“最低の口癖”とは?

文=日刊サイゾー

ユマニテ公式サイトより

 不倫芸能人の中でも過去最大級のバッシングを受けている東出昌大。清純派女優・唐田えりかとの不倫騒動はいまだ収まらず、杏との離婚も避けられないというのが大方の予想だ。

「『おしどり夫婦』『さわやか好青年』『イクメン俳優』のイメージだったことに加え、妻の妊娠中、結婚生活5年間のうち3年間が不倫、と救いようがないのも事実。杏の怒りも、出会った当時10歳年下の未成年をたぶらかした東出に向かっています。東出はマスコミの目を逃れようと、撮影が終わるやひっそりとレンタカーで現場を脱出。さながら指名手配犯のような生活を送っているといいます」(週刊誌記者)

 まさに四面楚歌の東出だが、彼に業界内からほとんど擁護の声が上がらないのには理由があるという。テレビ関係者が明かす。

12

自慰行為とは無縁!? 東出昌大、業界関係者が嫌悪していた“最低の口癖”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真