日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ日記  > 「福岡県人会」郷土愛という免罪符
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

陣内孝則&博多華丸「福岡県人会」に見る、郷土愛という免罪符

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

博多華丸「俺は『一流のホステス』って言った」

 極めつきは、お酒を作り続けていた大家の発言をめぐって、である。

「(福岡県人会に)私3回目ぐらいから参加させていただいてるんですけど、女性がホントいなくて最初のほう。私は最初行ったときに『福岡県人会のマドンナばい』って言ってもらえてたんですけど、『高校どこ?』って言われて、『福岡県立水産高校です』って言ったら、『福岡県人会のキャバ嬢ばい』って」

 大切にしなければならない存在として女性を持ち上げることと、能力の低い存在として女性を扱うこと。それが裏表の関係にあることをわかりやすく表したコメントである。

 で、最初にこれを言い始めたのは誰だという話になり、嫌疑をかけられた華丸が、「俺は『一流のホステス』って言った」と答えて一同爆笑。画面に「ホステスは最上級の褒め言葉」とテロップが重なる。

 ここで坂上が「ウイカちゃんどうなんですか、若干ちょっと女性が、ねぇ」と話を向けると、大阪出身のファーストサマーウイカが「ちょっと九州男児感というか……」と反応する。ここからトークは次のように展開した。

バットボーイズ・佐田「女の子が酒作るみたいな、なんか福岡の……」

カンニング竹山「なんとなくだね。親父の代からずっと見てきたから」

坂上忍「男尊女卑とまではいかないけど」

竹山「いつも正月とかこんな感じで進行してる」

 周囲から寄せられるであろうセクハラ批判に対し、ここでは郷土愛とか風土とか気質とかが免罪符にされている。「今どきそういうのいいの? セクハラとかならないの?」という問いには、「『ここ』では今どきそういうのいいの。セクハラにはならないの」とでもいうような回答が、“爆笑”という形で必ず返っていた。郷土愛に支えられたそんな安心感が、あの空間には充満していたように思う。

 ある人がある土地を愛するのは、場合によっては素敵なことなのだろう。ある種のうらやましさも感じる。けれど、その郷土愛みたいなものを免罪符に醜悪なものを公然と放送することについては、なんだかな、と思う。そんなに愛しているなら免罪符に使って汚さなければいいのに、とも思う。

飲用てれび(いんよう・てれび)

飲用てれび(いんよう・てれび)

関西在住のテレビウォッチャー。

サイト:記事一覧

Twitter:@inyou_te

最終更新:2020/02/11 14:00
12

陣内孝則&博多華丸「福岡県人会」に見る、郷土愛という免罪符のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真