日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 石原さとみ、主演女優も最後?

石原さとみが崖っぷち!? フジテレビ4月期ドラマが“主演女優”としてのラストチャンスに

文=田中七男

ホリプロ公式サイトより

 今度こそラストチャンスというべきか? ここのところ主演ドラマの低迷が続いている石原さとみが、4月期のフジテレビ系連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(木曜午後10時~)で復活を懸けることになりそうだ。

 同作は、「月刊コミックゼノン」(徳間書店)で2018年から連載されている、荒井ママレ氏の漫画『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』が原作。主人公・葵みどり(石原)が、病院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”として奮闘する姿を描いた作品。脚本は、『ようこそ、わが家へ』『貴族探偵』『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(いずれもフジテレビ系)、『メゾン・ド・ポリス』『グランメゾン東京』(ともにTBS系)などを手掛けた黒岩勉氏が担当する。

 石原は14年10月期の『ディア・シスター』(松下奈緒とのダブル主演、フジテレビ系)で11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークすると、15年10月期『5→9~私に恋したお坊さん~』(山下智久とのダブル主演、同)が11.7%、16年10月期『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が12.4%、18年1月期『アンナチュラル』(TBS系)が11.1%と、主演した連ドラが4作連続でヒット。同じ事務所(ホリプロ)の“ライバル”綾瀬はるかとともに、“高視聴率女優”と称されてきた。

 しかし、18年7月期に主演した『高嶺の花』(日本テレビ系)が9.5%と1ケタ台に終わると、昨年7月期『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)が8.6%と低調な視聴率にとどまり、主演ドラマが2作連続でコケてしまった。このままでは、“高視聴率女優”の称号を剥奪されるどころか、“主役級女優”からも転落してしまう危機に瀕している。それだけに、今回の『アンサング・シンデレラ』はラストチャンスといってもよさそう。

12

石原さとみが崖っぷち!? フジテレビ4月期ドラマが“主演女優”としてのラストチャンスにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真