日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > SB社員スパイ事件は氷山の一角

ソフトバンク社員のスパイ事件は氷山の一角!? お台場の展示会でサラリーマンに近づいて……

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:acworks

 警視庁公安部が今年1月に摘発した在日本ロシア通商代表部職員によるソフトバンク社員へのスパイ事件は、その直後に中国・武漢でコロナウイルスが発生したこともあり、世間の関心から完全に外れてしまった感がある。

 しかし、警視庁公安部で長らく“スパイ・ハンター”として活躍したA氏は、「ロシアのスパイ活動は戦前から脈々と続いており、今後もサラリーマンが狙われる可能性が高い」という。

 A氏が手にする公安関係者向けの書籍『戦後の外事事件—スパイ・拉致・不正輸出—』(東京法令出版)によれば、これまでに発覚しているロシアによるスパイ事件は26件であり、中国の5件を圧倒する。

 ただし、A氏によるとこれらのスパイ事件等は警察が事件化した「氷山の一角」に過ぎず、内偵したが公判を維持できるだけの証拠を得られずにお蔵入りした事件もあれば、公安警察よりもスパイの方が一枚上手でまんまと逃げられた、または現在も水面下でスパイ活動が続いているものもあるという。

「日本にいるロシアのスパイは、大きく2つに分けられます。ひとつは大使館員や企業駐在員の肩書きで活動する『オフィシャル・カバー』、もうひとつは偽名を使って別人物になりすまして活動する『ノン・オフィシャル・カバー』です。

 前者は外交特権などで守られていますが、NOC(ノック)とも呼ばれる後者は国家の保護を得られないため危険と隣あわせです。両者を合わせた数は、東京だけでざっと50人以上。これを多いと思うか、少ないと思うか……。

 どちらのスパイも、ロシアの諜報機関であるSVR(対外情報庁)とGRU(軍参謀本部情報総局)、FSB(連邦保安庁)から派遣されています。この中で主に日本人をターゲットにしたスパイ活動に従事するのは、SVRとGRUです。FSBは、大使館に対するスパイ活動防止、いわゆる防諜活動を行います」(同)

 ロシアのスパイ機関の歴史は古く、1917年のロシア革命にまでさかのぼる。ざっくりと説明すれば、KGB(ソ連国家保安委員会)がSVRとFSBなどの組織に分かれたのだ。プーチン大統領は旧ソ連時代、KGBのスパイとして東ドイツで活動していたことで知られる。

 一方の雄であるGRUはロシア革命当時から現在まで命脈を保っており、日本最大のスパイ事件(1942年「ゾルゲ事件」)の主犯、リヒャルト・ゾルゲはGRUのスパイだった。ドイツの新聞記者に扮して来日して、総理大臣周辺にまでエージェントを送り込み、日本の対ソ戦略について情報収集したという。

「今回事件となった通商代表部職員は、SVRの『ラインX』に所属するスパイだとみられます。SVRの駐日組織は、“レジデント”と呼ばれる駐日責任者の下に、科学技術情報を収集するラインX、上述のNOCを支援する『ラインN』、駐日組織の防諜を担当する『ラインKR』、政治情報を収集する『ラインPR』と呼ばれる組織に分かれており、SVRがもっとも力を入れているのがラインXなのです。

 ロシアは旧ソ連時代から、アメリカなど西側先進国の科学技術情報をスパイして、戦闘機から民生品までコピーしてきた“歴史”があります。

 そのような背景の中、プーチン大統領が2006年の年次教書演説で、自国産業の弱点を克服するために『国家が国外で現代的テクノロジーの獲得においても助力を与えなければならない』と指摘したことをきっかけとして、SVRは海外での科学技術情報のスパイ活動を強化したのです。今回の事件は、この方針の延長線上にあります」(同)

 インテリジェンスの世界では、「情報の99%はオープンソースから得られ、秘密情報は1%にしか満たない」という例えがある。ロシアのスパイは、この1%の秘密情報を求めてさまざまな身分に姿を変えて活動している。

12

ソフトバンク社員のスパイ事件は氷山の一角!? お台場の展示会でサラリーマンに近づいて……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記」

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

のん『星屑の町』で見せた実力

 地に足を着けて生きていくことができない人々...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真