日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 東出昌大が関われる唯一の仕事

門脇麦のバーターでも無理だった!? 東出昌大がテレビに関われる唯一のポジションとは?

文=日刊サイゾー

ユマニテ公式サイトより

 テレビで観るのはこれが最後だと思えば、貴重な映像か?

 2月13日、東出昌大と桐谷健太のW主演ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)第5話が放送され、平均視聴率が9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

「東出の不倫もあってか第4話で8.3%まで落ち込んでいましたが、1ポイント回復したことで関係者はほっとしたことでしょう。第5話で東出が放った『堅実で穏やかな家庭を持ちたい』のセリフにはネット上で総ツッコミが入りましたが、同ドラマでは意図的なのかどうか毎回プライベートを想起されるセリフが登場するため、それが呼び水となって視聴者が上がったのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、東出が前途多難なのは変わらない。一部報道では、今回の騒動におけるCMや出演作品の違約金は5億円近くになると見込まれており、杏が不倫を許して肩代わりする可能性は極めて低い。事務所と折半してもそれを返済するのは簡単ではないだろう。

「所属事務所は、現在NHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演する門脇麦のバーター出演を各局に持ちかけていますが、門脇クラスではバーターにならない。今の東出を使ってくれるところは、スポンサーのしがらみのない単館映画やWEBドラマ、そして舞台くらいでしょうね」(芸能記者)

 そんななか、東出がテレビの世界で生き残るための唯一の仕事があるという。業界関係者が明かす。

12

門脇麦のバーターでも無理だった!? 東出昌大がテレビに関われる唯一のポジションとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真