日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『相棒』が視聴率急落で終焉も

水谷豊も執着なし!? ドラマ『相棒』が突然の視聴率急落で、いきなりシリーズ終焉の可能性も

文=日刊サイゾー

水谷豊も『数字が取れなくなってまでやろうとは思わない』と公言?

「劇場版第1作の興行収入は44億円を突破するヒット作となったが、回を重ねるごとに興収がダウンし、第4作は19億円ほどだった。ドラマ版にしても、映画版にしても、ネタ切れのせいもあって話がどんどん複雑に。それがファン離れを招いているのでしょう。水谷にしても『数字が取れなくなってまでやろうとは思わない』とテレ朝上層部に公言しているだけに、いきなりシリーズ終了を迎える可能性も危惧されています」(映画関係者)

 ドラマ版は『season20』、映画版は第5弾で“有終の美”を飾るのがキリがよさそう?

 

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/17 10:15
12

水谷豊も執着なし!? ドラマ『相棒』が突然の視聴率急落で、いきなりシリーズ終焉の可能性ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』を大絶賛

 映画『ジョーカー』(トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス主演)が世界各...
写真