日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 石原さとみ「いまだに給料制」の裏

高いか安いか!? 石原さとみ、聖火ランナー選出の裏でささやかれる「いまだに給料制」の裏事情

文=日刊サイゾー

石原さとみ

 石原さとみが東京五輪の聖火リレーのランナーの一人に選ばれて注目を集めている。

「聖火リレーに関しては出走地が自身の出身地でもなく、仕事面でも縁が薄そうな長崎ということで一部では物議を醸していますが、本人の希望というよりは周囲の思惑が反映された格好でしょう。石原さんが叩かれるのは少々気の毒な気もしますね」とはスポーツ紙の芸能担当デスク。

 こうした“逆風”も人気女優の宿命なのかもしれないが、そんな石原に関してこんな興味深い話も……。

「今をときめく人気女優の石原さんですが、じつはいまだに給料制なんですよ。週刊誌などではその活躍ぶりからドラマや映画、CMなどの出演本数をもとに“年収ウン億円”なんて報道もありますが、実際のところはそこまで高くない。月収でも200万円いくかいかないかという話です」とは広告代理店社員。

 石原の所属するホリプロといえば、以前から給料制の芸能事務所として知られており、過去にはブレーク直後の小島瑠璃子が「給料は普通のOLさん並み」と発言。そのあまりの安さに、事務所の大先輩の和田アキ子が事務所に掛け合い、給料がアップしたなんて話もあるほどだ。

 石原の“月給200万円説”もあながちあり得ない話でもなさそうだが、別の芸能事務所はこう語る。

12

高いか安いか!? 石原さとみ、聖火ランナー選出の裏でささやかれる「いまだに給料制」の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

伊集院光が麒麟・川島のファロースキルを絶賛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真