日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > 日本社会を縛る“世間様”の圧力
エッジ・オブ・小市民【9】

正義を振りかざして集団バッシング…日本社会を縛る“世間様”の圧力

文=堀田功(ほった・こう)

イメージ画像/出典:newgin

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかねえなぁ」と、うんざりさせられることがある。もちろん、“世間”といっても特定の集団や団体があるわけではないし、ある意味で“空気”のような漠然としたものではあるのだが、その圧力はなかなかに存在感が強い。そして、時にはそうした圧力が目に見えることもある。

正義を振りかざすことで溜飲を下げる世間様

 最近だと、2月3日付の「スポニチ」記事『ピエール瀧、2月下旬に仕事復帰 来年公開映画「ゾッキ」出演』がYahoo!ニュースに転載されたときのコメント欄が強烈に世間様というものを見せつけてくれた。同記事は、昨年6月に麻薬取締法違反罪で有罪判決を受けて執行猶予中のピエール瀧氏が、2月下旬に映画の撮影に参加して芸能界に復帰することを報じているのだが、まずトップのコメントがこれである(原稿執筆時)。

「いくらなんでも甘過ぎやしないですか? 若い頃から30年以上薬物やってた事まで分かってて、それがたった11ヶ月で芸能界復帰はいくらなんでも早過ぎでしょ(以下略)」

 あなたはいったい何様なのかという話だけれど、これぞまさに世間様である。ちなみに、このコメントには5万近くの「いいね」がついている。いはやは。

 そのほかのコメントもざっと見てると、

「復帰はちょっと早いと思う。せめて執行猶予期間内は表に出ない方がよいのでは」

「やっぱり芸能界は甘い」

「さすがに少し早いのでは」

「これでは見せしめにならない」

 こんな具合に上から目線の批判的な意見のオンパレードである。それにしても“見せしめ”って。

 この事件で実際に被害や迷惑を被った人は確かに多いだろう。放送自粛や出演キャンセル、再撮影やCMの打ち切りなど、その賠償額はかなり高額になるとも報じられていた。しかし、こうした実害を受けた人にとっては、賠償してもらうためにもピエール瀧氏が早々と仕事に復帰することは願ったり叶ったりのはずだ。Yahoo! ニュースについている「復帰が早い」「芸能界は甘い」などの匿名コメント者は、自分がピエール瀧氏の事件でなにか被害を受けたわけでもなく、彼が復帰したところでなにか損をするわけでもないだろう。単に気に食わないから文句を言っているだけに過ぎない。道徳的、倫理的に「自分は正しい」と確信し、そんな自分と異なる“正しくない人”を正義面して大上段にかまえた態度で批判し、集団で叩くことで溜飲を下げているわけだ。

123

正義を振りかざして集団バッシング…日本社会を縛る“世間様”の圧力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

頼朝の死をめぐる謎

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真