日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > ワタナベマホト復帰にブーメラン
YouTubeウォッチ!

ワタナベマホト復帰も特大ブーメラン、加藤紗里と不倫疑惑YouTuberがクビ!

文=ニック

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近起こったYouTube関連の出来事について語るコーナーです。

 ワタナベマホト復帰で、蒸し返されるヒカルとの因縁とは?

新米編集者・トクちゃん(以下、トクちゃん) ワタナベマホトが謹慎から復帰したみたいですね。

YouTubeライター・KJ(以下、KJ) トクちゃんは、マホトがどうして謹慎処分になったか覚えてる?

トクちゃん 確か、彼女を殴って警察沙汰になったんでしたっけ?

KJ 簡単に言うとそうだね。この事件を最初に報じた「週刊文春デジタル」によると、当時同棲してた10代の恋人・A子さんと、マホトの女性関係のことで口論になった挙げ句、ブチ切れたマホトがA子さんをぶん殴って、顔面踏みつけて逮捕された、ってされているんだよね。

トクちゃん うわ、思ったよりひどかった……。

KJ マホトが逮捕されたのが6月2日で、謝罪動画を投稿して謹慎生活に入ったのが同19日。で、所属事務所のUUUMが「猛省の様子と生活の改善がみられること」を理由に、マホトの活動再開を発表したのが今年2月7日、復帰動画が投稿されたのが同17日……ってことで、謹慎開始から活動再開まで約8カ月かかったわけだけど、事の重大さから考えると、ちょっと早すぎる気もするよね。

トクちゃん よく罪を犯した芸能人が思いのほか早く復帰した時に「芸能界は甘い!」なんて言われるけど、YouTuberも似たようなもんですね。

KJ 確かに(笑)。それと、このマホトの復帰で、宮迫(博之)とのコラボでも話題になったYouTuberのヒカルの発言が注目されてたんだよね。

トクちゃん なんでですか?

KJ ヒカルは2017年にいわゆる「VALU騒動」を起こして大炎上したんだけど(参照記事)、その時にとりわけ厳しく批判してたのが、誰あろうマホトなんだよね。

トクちゃん へぇ~。

KJ マホトは、VALU騒動の責任を取ってヒカルが謹慎発表した直後に動画を投稿しててさ。その中で、「僕より上の人たちが頑張ってYouTuberというものがちょっとは世間に認められたのに、とんでもないことをやらかしましたからね」って、ヒカルがYouTuberの品格を下げたことを暗に指摘したんだよね。その上で、「彼の活動休止中に『戻ってきてほしい』というYouTuberはいるのかどうか。この際、消えてほしいと思っているんじゃないですかね?」「チャンネルをまたゼロからやり直したらいかがですか?」とまで言ってるわけ。で、そんなことを言ってた当のマホトは、登録者数260人(2月21日正午現在)のチャンネルを据え置きのまま、シレッと復帰動画をアップしてるっていう……。

トクちゃん 特大のブーメランじゃないですか! これはヒカルも黙っちゃいないんじゃないですか?

KJ うん。でも、そのコメントが、ちょっと斜め上を行くものでさ。

トクちゃん というと?

KJ うん。ヒカルは「マホトへ チャンネル削除について」っていう動画の中で、「チャンネルをやり直してほしいとはまったく思ってない。むしろ、やり直さないでほしい」ってコメントしてて、「もう一回、俺のこと抜いてみろよ」ってハッパをかけてるんだよね。

トクちゃん これは……ある意味、マホトからしたらツラいですね。むしろ、「俺にチャンネル消せって言ってきたんだから、お前もそうしろよ!」って、シンプルにののしられたほうが楽なんじゃないかな。

KJ そうなんだよ。ヒカルの本心はわからないけど、公の場でこうも器のデカさをアピールされちゃ、マホトも立つ瀬がないというか……。

トクちゃん マホトって、確か「若者のカリスマ」とか呼ばれてたはずなのに、なんだか小物っぽく見えちゃいますよね。そこも計算してヒカルが「チャンネルをやり直さないでほしい」って言ってたとしたら、恐ろしい策士……。

123

ワタナベマホト復帰も特大ブーメラン、加藤紗里と不倫疑惑YouTuberがクビ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真