日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 吉高ドラマの展開に視聴者が騒然

視聴者もドン引き!? 吉高由里子『知らなくていいコト』、不倫、せき・高熱、殺人未遂……とんでもない展開で騒然

文=田中七男

吉高由里子

 吉高由里子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『知らなくていいコト』(水曜午後10時~)の第7話が19日に放送され、視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。

 自己最低だった第6話の8.4%から1.1ポイントアップさせたが、第3話の10.3%以外は1ケタ台で、依然苦戦が続いている。

 同ドラマは、数々のスクープを連発する「週刊イースト」の敏腕記者で主人公・真壁ケイト(吉高)が、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていたが、シングルマザーとして、彼女を育てた母・杏南(秋吉久美子)が急死。母は最期の言葉で、ケイトの父がハリウッドスターのキアヌ・リーブスだと告げる。しかし、母の遺品からケイトの父は、かつて世間を騒がせた殺人犯の乃十阿徹(小林薫)である可能性が高いとわかってしまう。自身の出生のナゾと父の秘密に迫るとき、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり、その人生が大きく狂わされてしまうというストーリー。

 第7話は、ケイトが元カレで動物カメラマンの既婚者・尾高由一郎(柄本佑)といい雰囲気になってキスをして、不倫もどきの展開からスタート。そして、ケイトの上司で特集班デスクの黒川正彦(山内圭哉)が編集部内で、激しく咳き込み、熱を測ってみると40度の高熱。病院で検査した結果、インフルエンザではなかったが、新型コロナウイルス感染が広がる中での、この描写は視聴者の不安を煽るようなものだろう。

 さらに、ケイトに恨みをもつ女が編集部に殴り込み、ケイトをナイフで刺す。女がトドメを刺そうとすると、居合わせた尾高がかばって、代わりに背中を刺されるという殺人未遂事件が発生するという、とんでもない展開に発展した。

12

視聴者もドン引き!? 吉高由里子『知らなくていいコト』、不倫、せき・高熱、殺人未遂……とんでもない展開で騒然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

北条時房の“コミュ力”と兄・義時との関係

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真