日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > しゃべくり、名倉の催眠術シーン

もう『しゃべくり』で笑えない!? 名倉潤の催眠術シーンが物議、徳井復帰なら視聴者が大量離脱も

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 2人の「早すぎる復帰」により、“笑えないバラエティー”となっていくかもしれない。

 2月24日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したネプチューン・名倉潤が視聴者をざわつかせている。この日はゲストに女優の永野芽郁が登場し、レギュラーメンバーに催眠術を仕掛けることとなった。

「メンバーは明らかに催眠術にかかるフリをしてあげていましたが、名倉だけは『ガチに見えた』との声が殺到しています。前段で予備催眠をかけられた時から、名倉はとろんとした目をして無表情に。さらに、永野から手のひらに接着剤を付けられ、その手を肩に貼り付けられて離れなくなるという催眠をかけられると、ピクリとも動かなくなった。あげく、ホリケンに叩かれても微動だにせず無言のまま。名倉は昨年8月にうつ病で休養しましたが、わずか2カ月後に復帰したことが『早すぎる』と心配されました。それもあってか、今回のシーンには『名倉には催眠術をかけるべきではない』『アップで映すのはキツイ』『まだ鬱抜けしてない』と、目を背けた人が多かったようです」(テレビ誌ライター)

12

もう『しゃべくり』で笑えない!? 名倉潤の催眠術シーンが物議、徳井復帰なら視聴者が大量離脱ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚せい剤所持の疑いで5度目(薬物では4度目...
写真