日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > しゃべくり、名倉の催眠術シーン

もう『しゃべくり』で笑えない!? 名倉潤の催眠術シーンが物議、徳井復帰なら視聴者が大量離脱も

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 2人の「早すぎる復帰」により、“笑えないバラエティー”となっていくかもしれない。

 2月24日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したネプチューン・名倉潤が視聴者をざわつかせている。この日はゲストに女優の永野芽郁が登場し、レギュラーメンバーに催眠術を仕掛けることとなった。

「メンバーは明らかに催眠術にかかるフリをしてあげていましたが、名倉だけは『ガチに見えた』との声が殺到しています。前段で予備催眠をかけられた時から、名倉はとろんとした目をして無表情に。さらに、永野から手のひらに接着剤を付けられ、その手を肩に貼り付けられて離れなくなるという催眠をかけられると、ピクリとも動かなくなった。あげく、ホリケンに叩かれても微動だにせず無言のまま。名倉は昨年8月にうつ病で休養しましたが、わずか2カ月後に復帰したことが『早すぎる』と心配されました。それもあってか、今回のシーンには『名倉には催眠術をかけるべきではない』『アップで映すのはキツイ』『まだ鬱抜けしてない』と、目を背けた人が多かったようです」(テレビ誌ライター)

12

もう『しゃべくり』で笑えない!? 名倉潤の催眠術シーンが物議、徳井復帰なら視聴者が大量離脱ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真