日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > スポーツ王で芸人にリストラ勧告

とんねるず『スポーツ王』、日ハム・杉谷憲士の活躍で“アノ芸人”に視聴者から不要論が噴出

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 もはやこっちが本業?

 1月2日、スポーツバラエティ特番『夢対決2020 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)が放送され、ツイッターのトレンド1位に「杉谷」が入ったことが話題となっている。

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士内野手が登場したのは、同番組の人気企画『リアル野球BAN』。今年はとんねるずの石橋貴明率いる「チーム帝京」と東京五輪イヤーを迎えた「侍オールスター」の対決となった。

「杉谷は帝京高校野球部の先輩でもある石橋から、『杉谷はレギュラー確保しているのはココだけですから』とイジられるなど、すっかり芸人ポジションを確立。持ち前の明るいキャラクターで、何度も爆笑をさらっていました」(テレビ誌ライター)

 これにより、来年からリストラ危機にさらされているのが、「チーム帝京」として参加したゴルゴ松本だ。

「ゴルゴはこれまで同企画のレギュラーでしたが、今回は『チーム帝京』くくり。熊谷商業出身の彼には参加資格がなかったところをスタンドから直訴し、なんとかメンバー入りすることができた。とはいえ、番組で石橋ら帝京高校出身者が勝負所で発する『帝京魂!』は、今や視聴者が楽しみとする名フレーズになっているため、石橋のチームメートは帝京出身者だけで固めて欲しいと思っている人は多い。

 そこにきて、今回は杉谷がゴルゴのお株を奪うように、『日本中に笑顔と勇気を届けます!イヨ~ッ!…令和の令!』と体を張って『令』の字を再現したり、『TT兄弟』ネタで対戦相手の山田哲人を挑発したり、芸人以上に番組を盛り上げていたことから、ネット上では、『こんだけ帝京勢いたらもうゴルゴはいらない』『もう今の杉谷はほぼゴルゴ』『杉谷がゴルゴの役割果たしているからもういらない』といったコメントが連打されています」(前出・芸能ライター)

 視聴者からリストラ勧告を受けたゴルゴ。来年も出演するためには、「杉谷で十分」の声を掻き消す別な“武器”を身に着ける必要がありそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/04 17:30

とんねるず『スポーツ王』、日ハム・杉谷憲士の活躍で“アノ芸人”に視聴者から不要論が噴出のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

櫻井翔、目撃された無防備な姿

今週の注目記事・第1位「櫻井翔(37)『元ミ...…
写真
インタビュー

”東京が怖いアイドル”王林を直撃!

 青森県弘前市のご当地アイドル「りんご娘」のメンバー・王林が話題となっている。 「王...
写真