日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 松下奈緒、爆死で内外から批判

何様のつもり!? 松下奈緒、主演ドラマが大爆死でも番宣に消極的で内外から大ブーイング

文=日刊サイゾー

松下奈緒

 複数の医療ドラマが放送され話題になっている1月クールのドラマだが、女優の松下奈緒が主演するフジテレビ系『アライブ がん専門医のカルテ』が大爆死し、低空飛行を続けている。

 初回8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタートを切ったが、これまで1度も2ケタには届かず。ドラマは終盤に差しかかっているが盛り上がることはなく、2月27日放送の第8話はこれまでで最低の5.7%に落ち込んでしまった。

「がん患者の投薬治療にあたる腫瘍内科に初めて焦点を当てたオリジナル作品だが、一般人にはなじみのない設定で、全体的にドラマの雰囲気が暗い。もともと、松下は数字を持っていないにもかかわらずの主演起用で、局内からは疑問の声があがっていた。最近は『時間があるならもっと番宣しろ!』と怒りの声が上がっています」(フジテレビ関係者)

 まだまだ最終回までは時間があるだけに、視聴率アップに向けて多少なりとも番宣に励めばよさそうなものだが、ここ最近の芸能ニュースを見ると、松下はほかの仕事での露出が目立っている。

 同26日には、東京都内で行われたCMに出演する「JAバンクアプリ」PRイベントにものまねタレントのりんごちゃんとともに登場。

 28日には、都内で行われた、3月1日放送のフジテレビ系の紀行番組『感動地球スペシャル「みなしごゾウを守れ 松下奈緒ケニア感動物語」』の制作発表会見に出席している。

12

何様のつもり!? 松下奈緒、主演ドラマが大爆死でも番宣に消極的で内外から大ブーイングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

 4月7日に発令された緊急事態宣言も、すべての都道府県で解除され、数カ月に及ぶパンデ...
写真