日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元ヤンをブラック企業戦士に育成?

『ドキュメント72時間』が密着したヤンキー・インターンはブラック企業戦士の育成所?

文=火の車(ひのくるま)

ブラック企業を視野に入れた再教育カリキュラム?

「ヤンキーが更生する」というストーリーに拒否反応を示す人が多いのは知っている。頑張ってマイナスの状態をプラスに持っていった者より、己を律して最初からプラスを維持した者のほうが偉い。その理屈はわかる。

 でも、若気の至りや救いのない環境によって反社の道に突き進むより、与えられたチャンスを生かして踏みとどまったほうが健全だと思うのだ。若者たちの姿を見ていると、変わろうと必死なのも伝わってくる。今や、ヤンキー先生が法務副大臣になる時代。人生をやり直す元ヤンが何人いたっていいはずである。

 そんなふうに思っていたら、ある参加者が笑顔でこんなことを語っていた。 

「(学生時代の写真を見せ)消火器をまいたときです。高2ですね。あれ、中身はピンクなんですよ。知らないですよね? 自由に生きていきたいと思ったんで、消火器もまきたかったらまくし。そんな悪い人間じゃないんですよ? 物を盗むだとかそんなんじゃないんですけど、消火器はまきたかったからまいたみたいな。で、結局、中身ピンクやったみたいな(笑)」

 自慢気に過去の武勇伝を披露する、あまりに元ヤンな若者。悪いことをした自覚はないようだ。君はもうちょっと罪悪感を覚えたほうがいいな……。

 全力朝礼といい、消火器の件といい、ヤンキーのノリから抜け出すのはなかなか難しそうだ。そもそもフレックスやテレワークが導入されるホワイト企業からすれば、朝礼そのものが時代遅れだし。

 ブラック企業戦士を生み出しそうなカリキュラムから巣立ち、ブラック企業へ旅立っていく若者たち。将来に不安を覚えた彼らは、本当に“豊かな生活”を送ることができるのだろうか? 

 希望に満ちた今の彼らしか知らないだけに、ヤンキー・インターンの3年後を追う続編を見てみたいと思った。

火の車(ひのくるま)

火の車(ひのくるま)

東京都出身。以前はテレビ業界で働いていた40代のライター。現在は主にバラエティ番組について執筆している。

最終更新:2020/03/05 14:00
12
関連キーワード

『ドキュメント72時間』が密着したヤンキー・インターンはブラック企業戦士の育成所?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真