日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > ヒカキン、デマ炎上もカミ対応

ヒカキン、トイレットペーパー買い占めのデマ炎上も、その後の“カミ対応”に称賛の声

文=日刊サイゾー

ヒカキン

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「中国から原材料を輸入できなくなり、次になくなるのはトイレットペーパーだ」というデマが広がり、各地で紙類が売り切れ続出。マスクに続き、生活必需品である紙類までもが店頭から消える不測の事態に、消費者はダメージが大きかったことだろう。

 さらに、この騒動によりある有名人が大迷惑を被ったという。

「日本を代表する人気YouTuberのヒカキンです。彼が4年前に投稿した『トイレットペーパー20年分1000ロールトイレに入れてみた』という動画のキャプチャー画像が、『トイレットペーパーがなくなったのは、ヒカキンが買い占めたせい』というコメントとともにツイッター上に拡散されてしまったんです。投稿主は冗談ぽくつぶやいたものの、動画の内容を知らない人たちには通じず、『炎上したいの?』『買い占めるなんて最低!』『ヒカキン好きだったのに残念』といった批判的なコメントが殺到し、ネットで大炎上しました」(芸能記者)

 この騒動の広がりを受け、ヒカキンは3月2日に投稿した動画内で正しい情報を伝え、デマを訂正。その動画の内容が「神対応すぎる」と、さらに話題となっているようだ。

12

ヒカキン、トイレットペーパー買い占めのデマ炎上も、その後の“カミ対応”に称賛の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真