日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 峯岸みなみ“テレビ的”の功罪を語る

AKB48卒業を目前にしれっと総選挙批判した峯岸みなみ、神田伯山と“テレビ的”の功罪を語る

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)

 2月29日放送『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)で、講談師の神田伯山がAKB48のメンバー・峯岸みなみの自宅をお宅訪問した。

 今回のロケVTRにおける峯岸の発言、かなりはっちゃけていた。4月2日のコンサートを最後に、グループ卒業を宣言している彼女。そんなシチュエーションが影響し、ストッパーを外した状態になっているのだろうか?

神田伯山×峯岸みなみの違う意味でギリギリの映像

 というか、アイドルなのにお宅訪問を平気で許しているところがすごい。現代は些細な材料で自宅を特定してしまうファンもいるというのに……。実は峯岸本人の部屋ではなく、マネジャーの部屋を自宅の設定にしている? とも勘繰ったが、そのあたりは我々には知るよしもない。ちなみに、リポーターを務める伯山の自宅は10LDKの戸建てだ。

 基本的に、伯山は真面目な人である。だから、無理にでも己の任務を全うしようとする。アイドルの自宅訪問という仕事にあたり、恐らく彼がお手本に思い浮かべたのはイジリー岡田だ。だから、伯山は頑張った。峯岸の周りをウロウロしながら「おキレイですよね」「こんな美人だと思わなかった」「アイドルってこんな顔しているのか」と言い続け、いろいろな角度から峯岸の顔を凝視。伯山は伯山なりに、気持ち悪さを演出しようとした。

 続いて、伯山が足を踏み入れたのは寝室だ。クイーンサイズの大きいベッドを前に「入っていいですか?」と質問する伯山。往年の片岡鶴太郎を意識しての行動だろうか? でも、下心というより、ただ一生懸命な人にしか見えない。本能が前のめりになっていないのだ。心の追いついていない、機械的な寝室チェック。だから、テンポがもっさりしている。モタモタと布団をはがしてるから、アイドルに拒否する隙を与えてしまう。

伯山「(ベッドに)入っていいですか? ああ、でも入んないほうがいいか。感じ悪いもんねえ……」

峯岸「まあ、別にいいですけど。いいですけど、やって得もないし、変な感じになるかもしれないんでやめます?」

伯山「いや、僕はもう全然入りますけど……」

峯岸「でも、入っても別に大したこと言ってくれなさそう」

 アイドルの寝室チェックというウキウキのシチュエーションなのに、直前に浮かない表情でグダグダの話し合いをする加害者と被害者。芸人とアイドルが煮え切らない作戦会議を延々と続けるお宅訪問。こんな映像は見たことがない。エロやコンプライアンスとは別の次元でギリギリの映像だ。リポーターにはリビドーがないし、アイドルは嫌がるわけでもない。テレビとして成立するかだけを意識する2人の芸能人。リポーターとアイドルの不適合者同士がジョイントし、目的地とはまるで違う場所の面白に着地していた。

123

AKB48卒業を目前にしれっと総選挙批判した峯岸みなみ、神田伯山と“テレビ的”の功罪を語るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真