日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > エッジ・オブ・小市民  > 休校要請から見える“国難”
エッジ・オブ・小市民【10】

安倍総理の思いつき休校要請から見える“国難”と決定的に損なわれてしまったもの

文=堀田功(ほった・こう)

根拠なき政治判断で奪われたかけがないのないもの

 登山家の野口健氏は3月1日、Twitterに次のような投稿をしている。

“総理のお願いに「決断に至った根拠を示せ」との意見も理解できる。しかし、今や戦時中と同等だとみなすべき。細かな検証はコロナが収まった後に、今後の教訓として徹底的にやればいい。今はこの国難の最中において与野党、そして国民が一致団結するべき。痛みを伴いながらも乗りこえるしかない!”(本人のTwitterアカウントより

「戦時中と同等」とのことだが、実際こういう人が戦時中に大本営発表をうのみにし、反戦的な人を非国民呼ばわりしたんだろうなぁ、とつくづく思う。まあ、芸能人がスキーをしていただけで「不謹慎だ」とばかりに非難がましい記事を掲載するニュースサイトもあったので確かに戦時中とさほど変わらないのかもしれない。

 高齢者の新型コロナウイルス対策について「高齢者は歩かないからいい」という斬新な見解を表明した自民党の松川るい議員もまた2月29日、Twitterに次のような投稿をしている。

“国難においては、責任をもって決断し、そして国民にその決断を信じて一致団結するよう鼓舞することがリーダーの役目。私は総理の真摯な言葉を信じる。我々日本人ならウィルスとの戦いに必ず勝てる新たな働き方とICTを駆使し、危機をチャンスに変えましょう。”(本人のTwitterアカウントより

 北朝鮮かよ。あるいは宗教か。いずれにせよ、もはや個人崇拝の域である。

 賭けてもいいが、安倍総理を擁護している人たちは、もし菅直人議員が今の総理大臣で今回の安倍総理と同じ対応をしていたら、親の仇とばかりに口汚く批判するはずである。彼らが擁護しているのは科学的な知見やエビデンスによる根拠のある判断ではなく、“安倍総理の決断”という属人的な判断だからだ。もし、「菅直人が同じことをやったとしても私は評価する!」と強弁するのであれば、それは同じく科学的な知見やエビデンスがない限り、根拠なく権力にただ追従する権威主義者ということになるだろう。

 専門家の知識や合理的な判断を考慮せず、権力者の思いつきのままに重大な政治的決断が下されていく——いつの間にか日本は中世に逆戻りしてしまったのだろうか。まあ、それは言い過ぎとしても、専門知を軽視して政治パフォーマンスを優先するようであれば、民主主義国家として憂慮すべき事態であることは間違いない。安倍総理を擁護する人は何かにつけて“国難”を持ち出すが、たいした根拠もなく社会を混乱させ、経済にダメージを与え、多くの子どもたちの自由を奪い、悲しませることになる決断をなんとなく支持してしまう“空気”の蔓延こそが“国難”だ。

 子供たちの思い出づくりや青春の日々、そして学ぶ機会が損なわれてしまったことを“些細なこと”と片付けてしまう人も多いだろう。恐らく、安倍総理はそんなことに1秒だって思いを寄せたことはないと思う。しかし、他人からはどれだけ些細に見えたとしても、そこで奪われたものは、当人にとってかけがえのない大切なものだったかもしれないのだ。そして、それは二度と取り戻せない。個人のかけがえのない日々を根拠のない思いつきの政治的パフォーマンスで奪い去った決断は、いつか大きなしっぺ返しを喰らうだろう。

堀田功(ほった・こう)

いくつかのペンネームでウェブ・雑誌記事を書いている雑文業。得意分野は特になく、「広く浅く」がモットー。

最終更新:2020/03/06 18:00
123

安倍総理の思いつき休校要請から見える“国難”と決定的に損なわれてしまったもののページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

技能実習生の本当に迫ったルポ

 外国人技能実習生制度について日本のマスメディア上では悪い話ばかりが流通している。「...
写真