日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > センバツ中止で漏れてきた本音

センバツ高校野球の中止で漏れてきたテレビ局の本音「このままフェードアウトしてほしい」

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:mecha

 コロナウイルス問題の影響で戦時中を除いて、史上初の中止となった春の選抜高校野球大会。出場が決まっていた球児の心情を考えると何とも言えない気持ちになるが、現場からは「やめてよかった」という意外な声が漏れ伝わってきている。

「例年、高校野球はNHKが春も夏も全試合中継をしていますが、民放も中継しています。夏は朝日新聞が主催なので系列のBS朝日、関西ローカルでは地上波のABCテレビが担当。春は毎日新聞社の系列の毎日放送が今年も決勝戦だけ中継、ほかの試合は系列のCSチャンネルで放映していますが、この“春のセンバツ”がコンテンツとしては限界に来ていました」(テレビ局関係者)

 高校野球人気の盛り上がりとは対照的に、“春のセンバツ”は以前よりCM出稿が悪化していたという。

12

センバツ高校野球の中止で漏れてきたテレビ局の本音「このままフェードアウトしてほしい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真