日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > TKOやユッキーナ…木下の炎上率

TKO、ユッキーナ、ジャガー夫…炎上した芸能界の「木下」にある“性格面での共通点”

文=日刊サイゾー

TKO・木下隆行

 佐藤、鈴木、高橋、田中、伊藤……日本の名字を多い方から並べると、だいたいこのような順番になるが、ここ最近、偶然とは思えぬペースで芸能人が炎上を繰り返している名字がある。それは「木下」だ。

 “先陣”を切ったのは、お笑いコンビ・TKOの木下隆行だ。TKO木下は昨年秋、後輩に暴力を振るったと報じられ、その後、次々とパワハラ行為疑惑が浮上。すっかりテレビから姿を消したTKO木下は先日、28年間所属した松竹芸能を退所することを発表した。

 最も大きな話題になったのは、“ユッキーナ”こと木下優樹菜の恫喝騒動だ。ユッキーナは、姉を解雇した飲食店に恫喝メールを送っていたことが発覚し、芸能活動を自粛。その後、オシドリ夫婦と思われていた“フジモン”こと藤本敏史と離婚し、サッカー選手との不倫疑惑も浮上するなど、スキャンダルがボロボロと噴出し、芸能活動再開は絶望的な状況になっている。

 昨年末には、ジャガー横田の夫としてテレビに度々出演してきた医師でタレントの木下博勝氏にもパワハラ疑惑が浮上した。テレビでは恐妻家キャラだった木下氏だが、週刊誌で報じられたのは、厳しい叱責や殴る蹴るの暴行など、まったく別の姿。こうなるとタレント生命は終了で、今後は医師業に集中することになりそうだ。

12

TKO、ユッキーナ、ジャガー夫…炎上した芸能界の「木下」にある“性格面での共通点”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

ふみくんが説く、令和の「シン・ヒモ」論

  ふみくんは、これまで13年間で10人以上の女性宅に転がり込み、都合1000万円も...
写真