日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 内田理央、2軍扱いからの大躍進

内田理央、性依存系女子のリアルな演技が好評で「レプロの2軍扱い」からの大躍進  

文=日刊サイゾー

内田理央

 テレビ東京系ドラマ『来世ではちゃんとします』で5人のセフレがいる「性依存系女子」の主人公を演じた内田理央。そのリアルな演技が好評となっている。

「性依存系女子ということで、当然ながら濡れ場も多いわけですが、そこも含めて“リアルすぎる”と高く評価されています。女性の性事情を描くドラマは意外と多いんですが、最近の中ではかなりのヒット作ですね。それもやはり、内田の演技のおかげでしょう」(テレビ誌記者)

 内田は、2010年にグラビアアイドルとしてデビュー。2014年には『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)に出演、2015年からはファッション誌『MORE』(集英社)の専属モデルも務めている。2018年に放送された『おっさんずラブ』シーズン1(テレビ朝日系)での好演も話題となり、女優として頭角を現している。しかし、ここまでの道のりは、決して簡単なものではなかった。

「所属するレプロは、比較的早い段階から、内田をグラビア枠での“プッシュ組”に入れていたんですよ。でも、デビュー直後に女性アイドルブームが来たことで、音楽系アイドルが推されるようになって、内田の事務所内プライオリティーは下がってしまった。また、女優枠では同世代の川島海荷、清水富美加(現・千眼美子)、能年玲奈(現・のん)などを売り出していたので、そっちの方でも内田は“2軍扱い”になっていたんです」(ドラマ関係者)

12

内田理央、性依存系女子のリアルな演技が好評で「レプロの2軍扱い」からの大躍進  のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

志村けんと噂になった女性たち

 先日、阪神・淡路大震災から26年目を迎えた...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真