日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 内田理央、2軍扱いからの大躍進

内田理央、性依存系女子のリアルな演技が好評で「レプロの2軍扱い」からの大躍進  

文=日刊サイゾー

内田理央、かつては深夜番組でエロゲームにも挑戦?

 2011年から14年までは日本テレビ系の深夜番組『アイドル☆リーグ!』に出演し、過酷なゲームなども体験してきた内田。

「『アイドル☆リーグ!』は、グラドルが際どい格好でゲームをする番組。その中で内田は比較的清純系な扱いでしたが、それでもやはりエロネタも多く、決して“高い売り方”ではなかった。

 そんな中、能年玲奈と清水富美加がレプロを退社したことで、内田理央にチャンスが回ってきて、女優業を本格化したという流れです。でも、レプロ在籍時の能年や清水のような“清純系”の道を進んでいくのかと思いきや、現状は、性格が悪い女性や性依存の女性など、特殊な役が多い。そのあたりは想定外だったかもしれません」(同)

 とはいえ、しっかりと濡れ場を演じられる若手女優は貴重な存在だ。その点で内田理央の“商品価値”が上昇中だという。

「個人のイメージを気にせずに、生々しい女性を演じられるのは強いですよ。特に『来世ではちゃんとします』では、女性の視聴者を味方につけることができたのも大きい。そのうえで、今なお青年誌でのグラビアも続けていることで、仕事の幅が狭まっていないのもプラス材料です。そもそも清純派女優はライバルも多いし、その枠で勝負するのは本当に大変。でも、濡れ場もできる演技派というポジションであれば、独自の立ち位置を確保することができる。本人としても、納得の展開なのではないでしょうか」(同)

 すんなりと来たわけではないが、より一層存在感のある女優になりそうな内田理央。2軍扱いからの躍進に、本人も充足感を抱いていることだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/19 08:50
12

内田理央、性依存系女子のリアルな演技が好評で「レプロの2軍扱い」からの大躍進  のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真