日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂口杏里、イベ告知で批判殺到

坂口杏里、自身のイベント告知をするも批判殺到「ことの重大さがわかっていない」

文=日刊サイゾー

坂口杏里

 元タレントの坂口杏里が25日、自身のインスタグラムを久しぶりに更新した。

 坂口といえば先日、「50万円SNSで稼ぎたい」とつづり、金銭苦に陥っている状況を発信。この投稿にネット上では「なんか50万という具体的な金額がリアル」「またホストか」「なんで50万が必要なんだよ」といった呆れ声が集まっていたばかり。

 そんな坂口がこの日の投稿で「急遽ではありますが‥明後日の3/27(金)大阪ミナミにあるBARChannel HOUSEさん @channel9house にて一日店長イベントをさせて頂く事になりました」などとつづり、イベントを告知した。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、政府からイベントの自粛が要請されているが、坂口は「コロナ対策はしっかりばんぜんなので、安心してください」と報告。こうした投稿にネット上からは「コロナで安心できる所なんてないですよ、自宅ですら怪しいのに」「ことの重大さがわかっていない」「こんな時に、告知ですか?」といった批判の声が多数寄せられていた。

 どのようなコロナ対策が計画されているのかは不明だが、坂口のイベントが感染拡大の場にならないことを願うばかりだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/27 10:05

坂口杏里、自身のイベント告知をするも批判殺到「ことの重大さがわかっていない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真