日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 新型コロナが大手メディアで猛威

新型コロナが大手メディアで猛威! 出版社では小学館から感染者が

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:Luke,Ma

 日本テレビの小杉善信社長が3月23日の定例会見に出席し、夏恒例の『24時間テレビ』について、「必ずやる」と明言。同番組は系列局総出の一大イベント。ロケも多く、一般人やタレントらを含む大勢が一堂に会する機会が多いだけに感染拡大を助長してしまう可能性もあるだけに、世間から非難の声が飛び交っている。

「小杉社長は『使命感』という言葉を使っていましたが、夏までに事態が収束するかどうかも不透明。東京五輪も延期となる中での強硬姿勢には疑問符が付きます。日テレでは先日、局員の感染が発覚したばかりとあって、ネット上では『自分のところをなんとかしろ』『やらないといけない使命感より、感染させない使命感を持ってほしい』と猛バッシングを浴びています」(週刊誌記者)

 新型コロナ感染にさらされているメディアは日テレだけでない。

「大手出版社の小学館も3月24日に30代の男性社員が感染していたことを公表しています。部署は明かされていませんが、社員たちが『コロコロコロナ』となどと揶揄していたとも。25日にも男性の濃厚接触者の40代男性が感染したことで、社員だけでなく打ち合わせした作家らへの拡大が懸念されています。まだ公表はされていませんが、大手スポーツ紙や別の大手出版社にも感染者がいるという話もあり、取材もままならない状況に陥りつつあります」(前出・週刊誌記者)

 報道機関の崩壊も始まっているのか!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/27 23:00

新型コロナが大手メディアで猛威! 出版社では小学館から感染者がのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真