日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 竹内涼真、TBSが抱え込みへ

キムタクと立場が逆転!? 竹内涼真、主演俳優として評価が爆上げでTBSが抱え込みに本腰

文=田中七男

ホリプロ公式サイトより

 TBS局内で、若手俳優・竹内涼真の評価がうなぎ登りになっているという。

 竹内は1月期、同局の看板ドラマ枠「日曜劇場」での『テセウスの船』でプライム帯の連ドラで初主演。当初は不安視される向きもあったが、視聴率は初回から5話連続で11%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマーク。第6話以降、13.2%→14.0%→15.3%→14.9%と高視聴率をキープ。最終回(第10話)は19.6%と、大台目前まで上げた。全話平均は13.4%で、前クールの木村拓哉主演『グランメゾン東京』の12.9%を上回る快挙を成し遂げた。

「『日曜劇場』では、前クールが木村主演ドラマ。次クールが、待望の『半沢直樹』の続編とあって、いずれも豪華キャストの出演料を始め制作費が膨れ上がっている。従って、間に入った『テセウスの船』には、高いコストがかけられない。いわば“捨てドラマ”だったんです。

 キャストにもあまり経費をかけられない中で、『グランメゾン東京』以上の視聴率をはじき出したんですから、TBS局内には歓喜の声が上がるのも当然。『キムタクよりコスパがいい』と、主演主演俳優としての評価は完全に逆転しています。同枠で19%以上の高視聴率が出たのは、2018年1月期『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』(嵐・松本潤主演)最終回(第9話)の21.0%以来、2年ぶりの快挙ですから、そりゃ局内も沸きますよ。これで竹内の評価は急上昇し、“主役級俳優”の座も確立。次回も同局ドラマでの“主演”が早くも内定したといいます」(テレビ局関係者)

 竹内は17年前期のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で大ブレーク。同時進行となった同年7月期『過保護のカホコ』(日本テレビ系、高畑充希主演)では準主役を務め、11.5%の高視聴率をアシスト。その後は、TBSの日曜劇場枠で、『陸王』『ブラックペアン』『下町ロケット2』に、いずれも重要な役どころで出演し、着実にキャリアアップを図ってきた。

12

キムタクと立場が逆転!? 竹内涼真、主演俳優として評価が爆上げでTBSが抱え込みに本腰のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真