日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 竹内涼真、TBSが抱え込みへ

キムタクと立場が逆転!? 竹内涼真、主演俳優として評価が爆上げでTBSが抱え込みに本腰

ホリプロ公式サイトより

 TBS局内で、若手俳優・竹内涼真の評価がうなぎ登りになっているという。

 竹内は1月期、同局の看板ドラマ枠「日曜劇場」での『テセウスの船』でプライム帯の連ドラで初主演。当初は不安視される向きもあったが、視聴率は初回から5話連続で11%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマーク。第6話以降、13.2%→14.0%→15.3%→14.9%と高視聴率をキープ。最終回(第10話)は19.6%と、大台目前まで上げた。全話平均は13.4%で、前クールの木村拓哉主演『グランメゾン東京』の12.9%を上回る快挙を成し遂げた。

「『日曜劇場』では、前クールが木村主演ドラマ。次クールが、待望の『半沢直樹』の続編とあって、いずれも豪華キャストの出演料を始め制作費が膨れ上がっている。従って、間に入った『テセウスの船』には、高いコストがかけられない。いわば“捨てドラマ”だったんです。

 キャストにもあまり経費をかけられない中で、『グランメゾン東京』以上の視聴率をはじき出したんですから、TBS局内には歓喜の声が上がるのも当然。『キムタクよりコスパがいい』と、主演主演俳優としての評価は完全に逆転しています。同枠で19%以上の高視聴率が出たのは、2018年1月期『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』(嵐・松本潤主演)最終回(第9話)の21.0%以来、2年ぶりの快挙ですから、そりゃ局内も沸きますよ。これで竹内の評価は急上昇し、“主役級俳優”の座も確立。次回も同局ドラマでの“主演”が早くも内定したといいます」(テレビ局関係者)

 竹内は17年前期のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で大ブレーク。同時進行となった同年7月期『過保護のカホコ』(日本テレビ系、高畑充希主演)では準主役を務め、11.5%の高視聴率をアシスト。その後は、TBSの日曜劇場枠で、『陸王』『ブラックペアン』『下町ロケット2』に、いずれも重要な役どころで出演し、着実にキャリアアップを図ってきた。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed