日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 竹内涼真『テセウスの船』で高評価

落ち目だった昨年から大逆転!? 竹内涼真『テセウスの船』人気で、業界内評価がうなぎ上り

文=日刊サイゾー

ホリプロ公式サイトより

 最終回に向けて視聴率が右肩上がりになっている日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)。放送前は、前クールの木村拓哉主演『グランメゾン東京』と次クールの『半沢直樹』に挟まれていたこともあり、“捨てクール”などと言われて期待されていなかったが、結果的には十分すぎるものとなった。

「単純にドラマの内容がいいということもありますが、主演の竹内涼真の演技に対する評価も高まっています」(ドラマ関係者)

 これまで『下町ロケット』シーズン1・2、『陸王』と日曜劇場に多く出演し、若手トップ俳優となった竹内。しかし、2019年は連続ドラマに1本も出演していなかった。

「19年は今年公開予定の藤原竜也主演の映画『太陽は動かない』の撮影に多くの時間を割いていたこともあり、メディア露出が激減しました。さらに、何人かの女性タレントとの熱愛報道が重なり、好感度が急落。一部メディアからは落ち目になったなどと言われてしまう惨状に。だからこそ、余計に『テセウスの船』は心配されていたんですが、この好結果にTBSも所属事務所のホリプロもホッとしていることでしょう」(同)

 業界内での評判も急上昇している。竹内の取材経験がある出版社関係者がこう話す。

「18年に取材したときは、なんだか疲れているようで、特にいい印象もなかったんです。でも、今年に入って取材したときにはすごくオーラもあるし、演技に対する姿勢も真摯になっていて、俳優として大きく成長した雰囲気が伝わってきました」

 

12

落ち目だった昨年から大逆転!? 竹内涼真『テセウスの船』人気で、業界内評価がうなぎ上りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「キングオブコント2012」で優勝。無名のコンビは一夜にしてその名を世間に轟かせた。...
写真