日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 佐藤健、高視聴率を導く有能ぶり

佐藤健、新たなITビジネスを開拓して主演ドラマ『恋つづ』高視聴率を導いた有能ぶり

文=日刊サイゾー

佐藤健

 佐藤健主演のTBS系ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の3月17日放送の最終回が、全10話で最高となる15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

「1月期は医療ドラマが多かったが、佐藤のドラマは回を重ねるごとに視聴率がアップ。SNSで話題を集め、見逃し配信の再生回数は2016年に同局で放送され大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』を超える人気ぶりでした」(テレビ局関係者)

 これまで数々の映像作品に主演・出演してきた佐藤にとって、ドSの医師役を演じた同ドラマは代表作となったが、その一因は佐藤本人の“営業努力”にあったようだ。

「佐藤はLINEを駆使して、ファンに放送予告や自身のプライベートを発信し続けた。それだけにとどまらず、生テレビ電話ができるアプリ『SUGAR』を使ってファンと交流。佐藤と生電話したいファンが続々と登録しました。それらがドラマの視聴率を押し上げていたようです」(芸能記者)

 まだそれほど一般的には浸透していないが「SUGAR」は、有名人とテレビ電話ができるという新しいアプリ。現在、佐藤のほか、ローラ、三浦翔平、佐野ひなこらとの通話が可能だが、運がいいとフォローした有名人からランダムで電話がかってきて通話が可能に。かかってこなかった場合も、フォローしていると通話の様子を見ることができる。

12

佐藤健、新たなITビジネスを開拓して主演ドラマ『恋つづ』高視聴率を導いた有能ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真