日刊サイゾー トップ > 芸能  > ジェジュン「コロナに感染した」デマ発表で大炎上

元東方神起・ジェジュン「コロナに感染した」エイプリルフールに嘘をつき大炎上! 乃木坂ファンからも怒りの声

文=日刊サイゾー

元東方神起・ジェジュン「コロナに感染した」エイプリールに嘘をつき大炎上の画像1
ジェジュン(Getty Imagesより)

 元・東方神起のメンバーで現在はソロで活動中の歌手ジェジュンが、4月1日自身のインスタグラムに「コロナ19に感染した」「申し訳ない気持ちにかられている」などと投稿し、韓国国内のニュースサイトもこれを速報で報じた。

 2003年に東方神起としてデビューしたジェジュンは、その端整なルックスと圧倒的な歌唱力で韓国・日本をはじめアジア全土で人気を誇っており、ファンたちからは「謝らないで欲しい」「どうか早く治して」というコメントが殺到。しかしその数分後、投稿した文章は修正され、今度は「エイプリルフールの冗談としても行き過ぎましたが、すべての人々が健康であることを祈っています」と掲載。どうやら最初の投稿は、エイプリルフールを利用した注意喚起の意味合いだったようだ。

 ところがこれが日韓のファンを中心に大炎上している。「冗談になっていない」「こういう嘘はダメでしょ」と批判が殺到。騒動を受けてか、ジェジュンの日本の公式サイトも急遽「お知らせ」を掲載し、「ジェジュンがコロナウィルスに感染したとの情報につきまして、感染の事実はないことをここにご報告させて頂きます」と記しているが、炎上はやむ気配がない。この騒動に韓国系ウェブメディアの記者はこう語る。

「日本の場合、大手の事務所に所属するタレントは、SNSで投稿する内容に関して事前にマネージャーなりスタッフなりのチェックが入ることも多い。ところが、韓国のアーティストはそうした検閲が入らないことがほとんどで、基本的には本人が自由に投稿している。だから、本当に炎上するケースが多い(苦笑)。

 今回の件も、スタッフが事前にチェックしていればこんなことにはならなかったでしょう。また、日本のネット上では著名人たちが事前に『エイプリルフールだからといってコロナにまつわる嘘をつくのはやめよう』という啓蒙活動を行っていたが、ジェジュンは韓国人ということもあって知らなかったのかもしれない。とはいえ、世界中で被害が拡大している中、影響力の強いアーティストは特に発言に気をつけなければいけない時期ですから、今回の嘘は不謹慎と言われても仕方ないですね」

 ジェジュンは31日に放送されたNHKの生放送番組『うたコン』にも出演、そこで乃木坂46の生田絵梨花とデュエットを披露していた。そのため、ジェジュンのコロナウイルス感染の報道には、乃木坂46のファンからも不安の声が寄せられていたわけだが、デマと知り今度は怒りの声に変わりつつある。今後ジェジュンからなんらかの釈明が出るのだろうか。その動向に注視したい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/01 19:06

元東方神起・ジェジュン「コロナに感染した」エイプリルフールに嘘をつき大炎上! 乃木坂ファンからも怒りの声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真