日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > タッキーの鬼処罰でSnow Man仕事を失う

タッキーが鬼と化す! Snow Man・岩本照に徹底処罰で雑誌表紙を取り消し、番組再放送も見送りに

滝沢秀明氏

 未成年の女性とのラブホ合コンに同席したスキャンダルを「FRIDAY」(講談社)で報じられ、一定期間の芸能活動自粛といった重い処罰を受けたSnow Manのリーダー・岩本照。

 Snow Manはこの処罰が下された30日に生放送番組『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)に出演し、岩本を除くメンバー8人が報道に関して謝罪。一部のファンからはこの謝罪に対して「(岩本の)未成年との飲酒を、未成年のラウールが謝っているのが本当に辛かった」といった意見も出ているが、さらに、このスキャンダルは岩本のみならずSnow Manのほかのメンバーにも悪い影響を及ぼしている。

 まず、TBC東北放送で4月9日に放送予定だったSnow Manの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』が放送中止に追い込まれた。この番組は、3月25日にTBSで放送された地上波初の冠番組で、動画配信サービス「Paravi」でのレギュラー化も決定したばかりだが、公式ツイッターからは今後どうなるか発表されていない。

 また、4月27日発売の女性ファッション誌「MORE」(集英社)はSnow Manのインタビューを掲載予定だったが「諸事情により掲載を取りやめることになりました」と告知。同誌は通常版のほかにSnow Manが表紙を務める”6月号増刊スペシャルエディション”を発行する予定だったが、これも差し替えられることに。さらに、ジャニーズに近い関係者は次のように語る。

「Snow Manは大手飲料メーカーの広告も決定していたが、これもどうなるかわからない状況。さらに、ジャニーズ公式YouTubeチャンネルで3月29日から始まったライブ配信『Johnny’s World Happy LIVE with YOU』にも出演予定だったのに、急遽なしになったらしい。メンバーも相当まいっているでしょうね」(ジャニーズに近い関係者)

 デビューしたてのグループに対する処分としてはかなり重いように見えるが、この処分を決断したとされる滝沢秀明氏は、これまでのジャニーズでは考えられないほどタレントの不祥事に厳しい鬼のような姿勢を見せることで知られている。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真