日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 五輪問題で嵐と関ジャニ緊急会合

嵐と関ジャニ∞が緊急会合!? NHK五輪ナビゲーター問題でジャニーズに「3つの選択肢」

 東京五輪の一年延期を受けて、NHKの東京五輪・パラリンピックのナビゲーターを担当する嵐の扱いについて、ジャニーズが対応を迫られている。

 2020年いっぱいを持って活動休止を発表している嵐は、人気シンガー・ソングライター・米津玄師が作詞作曲したNHK2020ソング『カイト』を歌うなど、NHK五輪・パラの顔として活躍するはずだった。

 NHKは来年のナビゲーターについて「現時点では変更は考えていない。何も決まっていない」と話しているように、今のところボールはジャニーズ側に投げられているようだ。

 そんななか、発売中の「FRIDAY」(講談社)では、ジャニーズ事務所に嵐と関ジャニ∞のメンバーが召集され、緊急会合を行っていたことが報じられている。

「この時期ですから、新型コロナの流行によるスケジュール変更について話し合われたと推測できますが、五輪の件についても対応策が練られていたのでは。5月に予定されている嵐の新国立競技場での公演も中止が濃厚。新型コロナの収束が長引いて秋の『ファイナル・サンクス・ツアー』もなくなれば、ジャニーズの損出は数十億円に上ると言われています。事務所としては活動休止自体を延期にしたいのが本音でしょう」(芸能記者)

 業界関係者も、東京五輪に関してジャニーズが取り得る選択肢は3つあると解説する。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed