日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 板東英二、ラジオ局とケンカ別れ

板東英二、ラジオ局と“ケンカ別れ”で番組終了の裏事情

文=日刊サイゾー

坂東英二オフィシャルサイトより

 タレントの板東英二が、今春終了のラジオ番組をめぐり、憤慨しているという。一体、どういうことなのか。

「現在、主戦場はラジオ番組になっている。大阪、名古屋、東京と大都市を股にかけて、すべて自身の冠番組の扱い。話している内容もあまり錆びておらず饒舌で、テレビで活躍していたころのキャラクターはそのままです」(芸能関係者)

 だが、今春に『板東サンデー』(CBCラジオ)が終了。年下で友人だった元中日監督・高木守道さんが半ばレギュラー出演していたが今年1月17日に急逝。その流れもあって番組ともども“卒業”となったが、これに板東が感情をあらわにしているというのだ。

「板東さんがあちらこちらで番組を持てる理由は、彼の人気もさることながら、自らスポンサーを持ってこられることも少なくはない。テレビ以上に広告収入に困っているラジオ局にとって、出演者自らスポンサーを持ってくる人はいわば“救世主”ですからね。ところが今回、スポンサーはそのままに出演者だけ首切りをした格好に。元々、同局の役員とも懇意にしていただけに、許せなかったんでしょう」(同)

 とはいえ、数々の自由奔放な不規則発言は「局サイドからすれば正直、扱いにくい一面はある」というだけに、今後は猛獣使いのようなスタッフを擁す局が出現することを期待したい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/04 21:00
関連キーワード

扱いにくい一面が!? 板東英二、ラジオ局と“ケンカ別れ”で番組終了の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真