日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 板東英二、ラジオ局とケンカ別れ

板東英二、ラジオ局と“ケンカ別れ”で番組終了の裏事情

文=日刊サイゾー

坂東英二オフィシャルサイトより

 タレントの板東英二が、今春終了のラジオ番組をめぐり、憤慨しているという。一体、どういうことなのか。

「現在、主戦場はラジオ番組になっている。大阪、名古屋、東京と大都市を股にかけて、すべて自身の冠番組の扱い。話している内容もあまり錆びておらず饒舌で、テレビで活躍していたころのキャラクターはそのままです」(芸能関係者)

 だが、今春に『板東サンデー』(CBCラジオ)が終了。年下で友人だった元中日監督・高木守道さんが半ばレギュラー出演していたが今年1月17日に急逝。その流れもあって番組ともども“卒業”となったが、これに板東が感情をあらわにしているというのだ。

「板東さんがあちらこちらで番組を持てる理由は、彼の人気もさることながら、自らスポンサーを持ってこられることも少なくはない。テレビ以上に広告収入に困っているラジオ局にとって、出演者自らスポンサーを持ってくる人はいわば“救世主”ですからね。ところが今回、スポンサーはそのままに出演者だけ首切りをした格好に。元々、同局の役員とも懇意にしていただけに、許せなかったんでしょう」(同)

 とはいえ、数々の自由奔放な不規則発言は「局サイドからすれば正直、扱いにくい一面はある」というだけに、今後は猛獣使いのようなスタッフを擁す局が出現することを期待したい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/04 21:00
関連キーワード

扱いにくい一面が!? 板東英二、ラジオ局と“ケンカ別れ”で番組終了の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ランボーシリーズ最終作日本公開

 シルベスター・スタローンの出世作『ロッ...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真