日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > チュート徳井復帰コロナの影響か

チュート徳井、「ラジオで復帰」は新型コロナの影響!? バッシング回避を狙い前倒しに

吉本興業公式サイトより

 約1億2,000万円もの申告漏れが発覚し、昨年秋から芸能活動を休止していたチュートリアルの徳井義実が3月7日、レギュラーを務めるKBS京都のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』に出演。約4カ月ぶりのメディア出演となった。

 徳井が休んでいる間、福田充徳が芸人をゲストに呼んで放送されていた同番組。7日の放送回では冒頭に徳井と福田が登場し、徳井が騒動について謝罪するとともに、活動休止期間の様子をトークした。しかし、徳井が登場したのは冒頭のみで、番組のメインとなる部分は福田と後輩芸人のアインシュタインとのトークだった。お笑い業界関係者はこう話す。

「関係者の間では徳井の本格的な活動再開は4月くらいになりそうだと言われていたので、今回のラジオ出演には“ちょっと早いかな”という印象です。冒頭だけ徳井が出演するという構成には違和感もありました。おそらく徳井の登場は、急きょ決まったものなのではないでしょうか」

 日本テレビ系のレギュラー番組『しゃべくり007』や『今夜くらべてみました』、あるいはNetflixで配信されている『TERRACE HOUSE』が復帰第一弾になるのではないかという報道があったなか、なぜラジオでの復帰となったのだろうか?

「吉本内部には早めに徳井を復帰させたいという気持ちがあるようで、4月から地上波のレギュラー番組に謹慎前と同じ用に出演させる計画もあると聞いています。ただ、世間的には徳井に対する風当たりはまだまだ強い。復帰については時期尚早だという意見も多いです。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed