日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > チュート徳井、当面はドサ回り

世論の反発が大きすぎる!? チュート徳井、地方ラジオで復帰も当面は地道に“ドサ回り”か

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 昨秋に、個人事務所の所得申告漏れのため、芸能活動を自粛していたお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が7日、レギュラーラジオ番組「キョートリアル!」(KBS京都)に復帰し「改めて申し訳ありませんでした」などと謝罪した。

 番組で徳井はおよそ10分にわたり出演。芸能活動自粛当時を振り返り、「無の状態でただただ、起きている状態」だったといい、今年に入ってからはジムや喫茶店に足を運んで徐々に日常生活復帰を果たしていたという。

「今回の収録は東京で行っていますが、コンビそろって京都出身。地元メディアから見捨てられなったのは徳井にとっては、せめてもの救いでしょうね」(放送作家)

 だが、今後はというと、そう簡単に以前のような状態に戻れるわけでもなさそうだ。

「かつてのように全国ネットのテレビ番組に出演できる状況ではありません。わずか4カ月間という自粛期間の短さに世論の反発も大きく、特にスポンサー関係からは厳しい目を向けられている。年内いっぱいはゴールデン、プライム帯での復帰は難しいのでは」(前出・作家)とみている。

12

世論の反発が大きすぎる!? チュート徳井、地方ラジオで復帰も当面は地道に“ドサ回り”かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

『精神』『選挙』など、一切のナレーションやテロップを排したドキュメンタリーである「観...
写真