日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレワーク化でギャラ問題が浮上

テレビ各局、番組収録の「テレワーク化」で芸能人ギャラの減額問題が急浮上

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 昨今の社会情勢が影響して、6日からテレビ各局は報道色が強くない情報番組を中心に出演者の“テレワーク出演”が目立ち始めた。同日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)ではメインMCの南原清隆が1人でスタジオから出演。藤田ニコル、バイきくんぐの小峠英二らレギュラー陣に加え、アシスタントで同局の滝菜月アナウンサーも別場所からの中継出演で対応した。

 テレビ局関係者は「先陣を切ったのはTBSで、4日からバラエティー、情報番組のロケ、スタジオ収録を中止。これに続いたのが日本テレビで6日から同様の対応に踏み切った。今後、他局も同様の措置が広がると思います。期間も今のところ2週間を想定しているが、状況によっては延長するかもしれない」と明かす。

 そうなるとタレントや芸能プロの悩みのタネが、テレワークでもギャラは維持されるかということだろう。

 ある芸能プロ幹部は「大御所クラスはそもそもロケ、収録が中止となっているので“発注”がかかりません。ただ、総集編を流した場合2次使用料としてのギャラは入ります。生放送に出演しているタレントは、概ね今月中はほぼ、ギャラは維持されると思いますが、これが5月以降も続くようだと減額、あるいは間引き出演など影響が出る可能性は高い。PR出演などを予定していたタレントも軒並み断られているので、ある意味それ以上の影響をすでに受けているでしょうね」という。

 芸能人にとっても今の状況は死活問題になってきたようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/08 12:12

テレビ各局、番組収録の「テレワーク化」で芸能人ギャラの減額問題が急浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真