日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > みちょぱ、セクハラへの絶妙さ

みちょぱ、バラエティー界で絶賛される「セクハラに対する絶妙な線引き」

文=日刊サイゾー

みちょぱ公式サイトより

 タレントのみちょぱ(池田美優)が、ある“特殊能力”により今後ますますバラエティー番組で重宝されそうだ。

 4月2日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、「実はみちょぱスゴイぞ芸人」と題し、共演芸人たちが“いかにみちょぱがスゴいか”を熱く語ったのだが、その一つとして挙げられたのが「下ネタに対する線引きが絶妙」という評価だった。

「アンガールズの田中卓志はロケ先に向かうバスの車内で、退屈だったため“みちょぱにセクハラでもしよう”と、彼女に『乳首の色、何?』と質問したそう。すると、みちょぱは『えっ普通ですよ』と切り返してて来たため、田中はバスの中で『普通って何色だろう?』と思いながら時間を潰したといいます。今やみちょぱは『セクハラを上手に受け止めてくれる女性タレント』枠として、企画会議では真っ先に名前が挙がるそうです」(テレビ誌ライター)

 そんなみちょぱは、下着事情にオープンで、ある番組で「色ぐらい言えるんだけどね。黒だよ、黒」と着用していた下着の色を告白。ふだんは黒しかはかないこともあけすけに教えたこともあった。

 しかし、こうした軽い下ネタには気軽に応じてくれる一方で、少しでも過剰に踏み込もうとすると、露骨に嫌悪感をむき出しにする一面も。

「旅バラエティー番組『有吉の夏休み』(フジテレビ系)では、みちょぱに告白してフラれてヤケクソになったアンガールズ・田中が『お願いお願い、ちょっとでええから、チョメチョメしよう』と露骨な誘いを持ちかけ、ビンタされていました。また安田大サーカス・クロちゃんは、初共演時から収録の合間にみちょぱの小水を『飲みたい』と言ったり、『みちょぱのワキ舐めたい』などとも話してきたことで、顔を見ると拒否反応を起こしてしまうのだとか。みちょぱはSNSに水着ショットを投稿することもしばしばですが、本人は『セクシー』と呼ばれるのも嫌で、『健康的』と評されたいと語っていますから、セクハラについてもある程度は仕事と割り切って受け入れているのかもしれません。セクハラに対しては全てOKでも、全てNGでもバラエティー的には困る。そのバランス感覚が絶妙な点が、番組スタッフに使いやすいと判断されているのでしょう」(テレビ関係者)

 このまま快進撃が続きそうなみちょぱ。彼女がセクハラを受け止めたり、受け止めなかったりを楽しむのが、バラエティーの新たな定番演出となるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/06 15:53

みちょぱ、バラエティー界で絶賛される「セクハラに対する絶妙な線引き」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真