日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フリーアナウンサーの収入格差

勝ち組は田中みな実と新井恵理那? 番組制作自粛で拡大するフリーアナウンサーの収入格差

文=日刊サイゾー

テイクオフ公式サイトより

 テレビ各局が続々と、番組制作自粛に舵を切っている。

 各局とも当面の間、ドラマやバラエティー番組のロケを休止。それでも、生放送のバラエティー番組やニュース番組は放送しなければならないが、極力スタジオの中にいる人数を減らすため、各番組のコメンテーターは“テレワーク”での出演に移行し始めている。

「自局の局員なら、感染しても補償があるので救いようがありますが、外部のスタッフが感染、もしくは感染源になったら大問題。とりあえず、発令された政府の緊急事態宣言の終了のメドは5月6日ですが、そのあたりまでこの体制は続くのでは」(民放キー局のワイドショースタッ

 東京ローカル局ながら、元フジテレビの大島由香里アナ、元テレビ東京の大橋未歩アナら数々のフリーアナたちが出演しているのが、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)。

 同局は7日、出演者や社員・スタッフの感染防止のため報道番組を除く生番組の制作・放送を19日まで休止することを発表。情報番組『5時に夢中!』『バラいろダンディ』は共に8~17日まで放送休止となる。

「MXはまるでフリーアナたちの“駆け込み寺”のようになっていましたが、もともと制作費がギリギリで、出演者への補償は微々たるもの。こんな状況だと、民放キー局の情報・ニュース番組でレギュラーがある新井恵理那、そして新しいCMが流れ始めた田中みな実ら、ひと握りの“勝ち組”との収入格差はますます広がりそうです」(芸能記者)

 このままだと、芸能人同様、YouTuberに転身するフリーの女子アナが急増するかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/11 10:22

勝ち組は田中みな実と新井恵理那? 番組制作自粛で拡大するフリーアナウンサーの収入格差のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真