日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 最上もが、グラビア撮影への思い

最上もが、グラビア撮影への思いに賛否の声「全然いやらしくない」「いや下品」

文=日刊サイゾー

インスタグラム:最上もが(@mogatanpe)より

 でんぱ組.incの元メンバー・最上もがが10日、自身のインスタグラムを更新。数枚のオフショット写真を公開し、反響を呼んでいる

 現在モデルやタレントとして活躍している最上。先月の投稿では高校生以来となるロングヘアにイメチェンした写真を公開。ピンクがかったハイライトの地毛の髪色に合わせ、エクステを付けた姿にファンからは「新鮮!!美少女!!」「ハチャメチャにかわいいです、天使」などの絶賛の声が集まっていたばかり。

 そんな最上はこの日、「2nd写真集のオフショなどなど。モロッコでの撮影でした」とつづり、背中を写した写真や水着写真など数枚のオフショットを公開した。

 さらに「たまーーーーに、グラビアの撮影を嫌がるファンの人がいるんですけど、『下品だ!』とか、『脱がないで!』とか。(中略)たぶん、その人の脳の中だけでぼくを下品にしてる気がしてかなしいです」「最初の頃はグラビア自体に恥ずかしさはありましたが、自分の中で納得できる理由ができてからぼくはぼくなりのグラビアをやろうって前向きになれたんですよね」などと自身のグラビア撮影への思いを語った。

 この投稿に、インスタグラム上には「下品と思ったことないですもがちゃんは一人の綺麗な人間で憧れです!」「もがちゃんのグラビアは全然いやらしくなく、凄い綺麗で大好きよ」などのコメントが寄せられているのだが、その一方で、ネット上では「脱がないでの意味、ポジティブに捉えすぎな気がする」「いや、下品だと思うよ」などの厳しい声も上がっていた。

 最上のグラビア撮影への思いはファン以外にはうまく伝わらなかったようだが、楽しみにしている人が多くいるのも確かなようだ。

 

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/14 06:30

最上もが、グラビア撮影への思いに賛否の声「全然いやらしくない」「いや下品」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真