日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 江頭2:50がYouTube塾を開講

江頭2:50が“YouTube塾”を開講!? 失業寸前のお笑い芸人が弟子入り志願も

文=日刊サイゾー

江頭2:50

「芸能人YouTuber」が続々と誕生している。宮迫博之、TKO・木下隆行といったテレビから消えた芸人や佐藤健、川口春奈、本田翼といった役者、草なぎ剛、赤西仁と錦戸亮の元ジャニーズなど枚挙に暇がないほど。

 その中でカジサック(キングコング・梶原雄太)と並び、「成功例」の代名詞となっているのがお笑い芸人の江頭2:50だ。

「破天荒な芸風とYouTubeの相性がよかったのか、チャンネル開設9日で、登録者数100万人を突破。脚本家の橋田壽賀子氏にキスをして、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)を出禁になった真相を暴露したり、トレードマークといえる黒タイツがバレエ専門メーカーによるもので、『20本くらいタンスに入っている』といった裏側も披露するなど、チャンネル登録者数は順調に伸び続け、200万人に迫る勢いです」(芸能ライター)

 そんな江頭にコロナで失業寸前のお笑い芸人や放送作家、ディレクターらの業界人が“弟子入り”を志願しているという。

「業界向けに、江頭による『YouTube塾』が開校されているようですよ。新型コロナの影響により、テレビ番組は収録やロケができなくなり、仕事が激減した人たちがこぞってYouTubeになだれ込んでいる。しかし、テレビのやり方をそのままやってもうまくかないのがネットの世界。そうした人たちに江頭は、『できるだけ引っ張って出し惜しみするテレビ的手法は通用しない』『30秒の勝負』『テレビ的に一番いいところをすぐ流せ』と、かなり的確な助言を送っているといいます」(テレビ関係者)

 あれほどの再生回数があってもYouTubeで「収益化」ができていないと言う江頭。「YouTube塾」を本格的に開けば、ガッポリ稼げそう?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/14 12:00

江頭2:50が“YouTube塾”を開講!? 失業寸前のお笑い芸人が弟子入り志願ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真